バギオで留学するなら日本から必ず持ってきてほしい持ち物3選

留学地としてバギオを選択される利点は沢山あります。
南国フィリピンとは思えないほど、涼しい気候の良さ。
フィリピンの軽井沢と言われるほど、山々や公園など沢山の緑に囲まれた美しい景色と心地の良い時間が流れています。
セブやマニラには当たり前のようにいるメーターをつけずぼったくるタクシードライバーも、バギオでは全く見かけないという治安の良さ。
涼しい気候で野菜やフルーツがよく育ち、安く購入ができる。
娯楽の誘惑が少ないため、勉強に集中できる。

フィリピン留学といえばセブというイメージが強いものの、近年はこういった点からバギオを留学地として選択される方がどんどん増えてきています。

今回はそんなバギオに留学を検討中の方、留学前の準備期間中の方々に、
長期滞在するインターンシップ生の目線から、日本から持ってくれば良かった…!と特に感じている生活面のアイテム3選をお届けします。

目次

インターンがおすすめするバギオでの必須アイテム【生活編】

1.厚手の服、防寒着

バギオ 服 画像
バギオの年間平均気温は20度ほど。日本の春や秋の過ごしやすい気候が年間通して続きます。
「涼しいっていってもフィリピンだもんなぁ。普段着は半袖で良いかな。」
そんな安易な考えをしてしまった事に、必ず後悔をします。バギオの寒さをなめてはいけません。

まず朝晩がかなり冷え込みます。特に寒い時期は11〜2月で、その中でも最も冷え込む1月は、最低気温が10度前後まで下がることも。
こうなると本気で寒いです。
また、日中も校内にいて日差しを浴びるようなことがなければ、半袖では肌寒く感じます。
特に女性は、男性よりも寒がりですし、体を冷やさないよう注意が必要です。

・特におすすめ!ウルトラライトダウン
冬用のコートまではいりませんが、上着は必ず必要です。
パーカーやトレーナー、ジャケットといった上着ばかりだとどうしてもかさばります。
そんな時に一着あると便利なのがユニクロのウルトラライトダウンです。

しかしセブやマニラと違って、バギオにはユニクロがありません。
そのためこの高性能なウルトラライトダウンを日本のユニクロで購入されて持って来られることを強くおすすめします!

・普段着は基本、長袖・長ズボン
普段常に長袖・長ズボンで過ごすと思って服装を選ばれるのが無難です。
半袖・半ズボンは1、2着でも十分です。

・マニラからバギオ行きの極寒バスに注意
マニラからバギオまではバスでくることになります。
このバスがクーラーにより極寒。通常6〜8時間かかりますので、必ず厚着をすること、そして手荷物で羽織れるものを持ってきてください。

★より詳しいバギオの気候や服装についてはこちら
バギオは寒い??気温と服装について紹介します

2.マスク

バギオ マスクの画像
バギオでの移動手段は、ジプニーと呼ばれる乗合いバスかタクシーのみになります。
車の多いバギオの排気ガスによる大気汚染は、緑の多いバギオといってもひどい状況です。目に見えてわかる真っ黒な排気ガスによって喉を痛めるスタッフ、生徒さんは少なくありません。
私も外に出かける時は常にマスクを着用している一人です。

マスクの画像

フィリピンのマスクは1枚入りが主流

ただバギオでマスクを購入するには、薬局のカウンターに並ぶ必要があります。
日本のように商品棚に並んで売られているわけではないのです。
その上、上記の写真のような1〜2枚入りが主流であり、2枚入りで15ペソ(約33円)とあまり安くもありません。
日本で60枚入りの箱売りのものだと500〜600円程度なので、1枚あたり10円以下です。
1枚あたりで比較すると6円以上も安いので、バギオでのマスクの消費量を考えても、日本で箱入りのマスクを買って来られることをおすすめします。

3.折り畳み傘

バギオ 傘の画像
個人的にとても推している折り畳み傘!
バギオの雨季は6〜10月と長く続き、その間一ヶ月の降雨日数は二桁台にあがります。
なので、一ヶ月のほどんど雨が降っているということになります。
またバギオの雨季は午前中は快晴なのに、午後から一気に降り出すというリズムが特徴的で、午後から急に空が暗くなり、強い雨と雷が鳴り響きます。
せっかくお出かけしても午後からの雨は避けられないので、折り畳み傘は必須で持ち歩いてください。

現地でももちろん購入可能なのですが、質は劣りますので日本から持参される方が良いかと思います。
おすすめは、「ワンタッチ開閉式且つ晴雨兼用」の折り畳み傘!
ワンタッチ開閉は多少値がはりますが、移動手段がジプニーとタクシーしかないバギオで乗り降りするのにとても便利で重宝します。
実際に現地の方々が使われている折り畳み傘は、ワンタッチが主流です。
また、バギオは標高が高いため、日傘としても使用できる兼用がおすすめです。

ネットで調べると、1000〜2000円程度で丈夫で便利な良い傘が買えます。
「折り畳み傘 ワンタッチ 晴雨兼用」で検索してみてください!
他には、骨組みが6本以上ある、軽量、バッグに入れやすいサイズ、撥水性というのも判断基準にして検討されると良い傘が買えますよ!

まとめ

いかかでしたか?
今回はバギオ【生活編】ということで、現地で日本から持ってくればよかった〜!と感じたものを取り上げてご紹介しました。
この3選だけは、持ち物リストにぜひぜひ加えていただけたらと思います!!!!

ストーリーシェアは口コミNo.1!

ストーリーシェア独自の「CLメソッド」で
本当に身になる語学留学を!
まずはお気軽にお問い合わせください。

オンライン授業はこちらから!

ストーリーシェアでは対面の授業に加えて
オンライン授業も提供しております。
ご自宅からお手軽に授業を受けられます!

ABOUTこの記事をかいた人

KIYABUHONAMI

初めまして。木薮穂菜美と申します。 バギオスタッフとして4月〜半年間インターンシップとしてお世話になります。主に広報を担当します。 大学時代所属していた学園祭スタッフや、営業・営業事務として働いていた経験を活かして、広報ブログ更新等に励みたいと思っています。 このインターンシップ後は、ワーキングホリデーを考えているので、英語の勉強と海外で働くということをこの半年間で学ばせていただきたいと思っています。よろしくお願い致します!