バギオの観光名所を語学学校インターンが紹介するよ

バギオの観光名所を、語学学校で働くインターンがわかりやすく!みなさんにお伝えします。
フィリピンといえばセブ留学が有名ですが、最近ではバギオ留学も主流になっています。その理由は何と言ってもバギオの気候と環境!バギオは山に囲まれたリゾート地。フィリピンのイメージとは大きく異なる冷涼で静かな環境は、集中して勉強するにはもってこい!
非常に過ごしやすい環境での留学に、喜びの声をあげる人がどんどん増えているのです。 ただ、その一方でバギオ自体がまだよく知られていないのも事実。
「フィリピンのどこにあるの?」
「休みの日には何ができるの?観光名所は?」
「自然が多いとは聞くけど、もしかしてそれしかないの?山ごもり留学??」
そんな不安な声が、フィリピン留学を控える生徒の皆さんから聞こえて来そうです。
そうした心配な気持ち、よくわかります。僕も以前、フィリピン留学を経験していましたから。
申し遅れました、私5年前に3ヶ月間のフィリピン留学を経て、現在はセブにてストーリーシェアのインターンスタッフとして働くTakayama Hotsumiと申します。
バギオの観光を紹介するページはいくつかあっても、語学学校への留学生またインターンスタッフの目線で書いてある記事はあまり多くありません。
今回は、バギオへ留学することを考えているみなさんに向けて
「交流」「自然」「アクティビティー」
の3つをテーマに、バギオのオススメ観光名所を紹介いたします! それでは、いってみましょう!!

目次
●地元の人々と交流しよう!素敵な出会いがたくさんの観光名所♪
1.セッションロード(Session Road)
2.パブリックマーケット(Baguio Public Market)
3.キャンプ・ジョン・ヘイ(Camp John Hay) ●雄大な自然を楽しもう!緑に囲まれてリラックスできる観光名所♪
1.マインズビューパーク(Mines View Park)
2.ボタニカル・ガーデン(Botanical gardem)
3.ケノンロード展望台&ライオンズヘッド(Kennon Road & Lion’s Head) ●いざアクティビティー!思いっきり体を動かせる観光名所♪
1.バーナムパーク(Burnham Park)
2.ライトパーク(Wright Park)
3.サンフェルナンド (San juan)

●地元の人々と交流しよう!素敵な出会いがたくさんの観光名所♪

最初のカテゴリーは「交流」です。
突然ですが、勉強ってどんなイメージですか?
受験勉強のように机に向かってひたすらノート、教科書とにらめっこ・・・。
僕は、こと語学の勉強についてはそうではないと考えています。
学校での授業を通して学んだ内容を、色んな人との会話で使ってなんぼ!

僕自身もインターンとして働く前にストーリーシェアで留学していた時は、会いている時間は積極的に外に出て現地の友達を作り、会話する時間を多く作るようにしていました。結果的にそれが授業の復習にもなり、語学習得に大きくプラスになったと感じています。
ということで、テーマ「交流」でオススメ観光名所3選!!どうぞ♪

1.セッションロード(Session Road)


はじめはこちら!バギオ観光の出発点とも言えるセッションロード。
セッションロードは300メートルほどの坂がある広い道です。おしゃれなカフェ、レストランで賑わっており、また銀行などもある為どんな目的で来ても楽しめる観光名所です。
日本で言えば表参道のような場所でしょうか。道には若い人々の姿も多く、また格好も非常におしゃれです。その場にいるだけで楽しくなるセッションロードで、素敵な休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。 フィリピン人は底抜けに明るい人が多いです。歩いている最中に目が合ったことをきっかけに友達ができることもしばしば。
「また会ったね!」なんて会話から仲が深まっていきます。
セッションロードにはレストランやブティック店に加え映画館などもある為、ぜひ地元の友達と一緒に行ってみてはいかがでしょうか?
きっと楽しい思い出とともに、あなたの語学力向上にも大きく役立つはずです。

2.パブリックマーケット(Baguio Public Market)


お次に紹介する観光名所はパブリックマーケット!
パブリックマーケットとは、言葉の通り地元の人々のための大きな市場です。
パブリックマーケットはセッションロードを下ったところにあります。
ストーリーシェアのバギオ(ジャスティス)校からですとタクシーで約10~15分(約150~200円)、ジプニーでパブリックマーケット近くまで約15~20分(約20円)の位置にあります。
パブリックマーケットには、いくつもの小さな商店が軒連ね、新鮮な野菜から、お土産類、ブラックマーケット、生活雑貨、花屋、フルーツ、古着、鮮魚・精肉など生活に必要なもののほとんどを手に入れることができます。
フィリピンの文化に触れたい、綺麗なショッピングモールだけではなく現地人の生活を肌で触れたいという生徒さんには、もってこいの観光名所だと思います。

パブリックマーケットと呼ぶほどですから、日常的な生活に欠かせない食材や日用品は安く手に入ります。特に、バギオの人々の好みは日本人に近いため、地元の人々の暮らしを支える場所なので野菜の豊富さ、そして金額の安さにはみなさんもきっと驚くことと思いますよ!
是非休日にはパブリックマーケットに出かけて、買い物がてら商店で働く人々に話しかけてみてください。インターネットや情報誌では手に入らない情報、掘り出し話が聴けるかもしれませんよ。 ・住所:38 Rajah Soliman, Baguio City, Benguet
・営業時間:5:00~19:00
・定休日:なし

3.キャンプ・ジョン・ヘイ(Camp John Hay)


テーマ「交流」で最後に紹介する観光名所はキャンプ・ジョン・ヘイ。
元は米軍の保養地の広大な敷地には、ホテルやレストランに加えゴルフ場、乗馬ができる施設もあり、ゆっくり過ごすには最高の観光名所です。
キャンプ・ジョン・ヘイは地元の人に大人気であり、公園のベンチやカフェ、レストランには連日多くのフィリピン人が滞在し楽しんでいます。
また、バーベキューができる場所もあり友達同士や家族でバーベキューを楽しむ地元の人々の姿も多く見られます。

セッションロードやパブリックマーケットとはまた異なる雰囲気を持つ地元の人々に人気の観光名所、キャンプ・ジョン・ヘイ。
ゆったりとした雰囲気の中、同じ場所で時を過ごす隣のフィリピン人に英語で話しかけてみては?
自然に囲まれて開放的な気分の中、きっと会話も弾むはず。素敵な時間をお過ごしください!

●雄大な自然を楽しもう!緑に囲まれてリラックスできる観光名所♪

さて、次のテーマは「自然」です。
冒頭にも述べましたが、バギオの大きな特徴の一つはその豊富な自然!
英語の勉強って楽しいけれど、やっぱり疲れますよね。。。特にストーリーシェアの授業は生徒さんが話す時間が非常に多く、1週間みっちりやるとなかなか疲れます。
僕もインターンとして働く前に留学していた頃は1日8時間の授業を3ヶ月続けていましたが、想像していた以上に英語のシャワーを浴び続ける環境に慣れるまではなかなか疲れました。
そんな中、休みの日には自然などで癒される時間を作ってまた月曜からの授業にリフレッシュした気持ちで臨むのは、非常に効果的なフィリピン留学の過ごし方だと思います。
その自然を、バギオで心ゆくまで堪能できる観光名所3選をご紹介いたします!どうぞ♪

1.マインズビューパーク(Mines View Park)


マインズビューパークは、バギオ市街地から好アクセスな観光名所。
素晴らしいビュースポットで、晴れた日にはコーディリエラ地方の青い山々が連なる様子を眺められます。
マインズビューパークには無数のお土産屋が軒を連ね、中にはこうして山岳民族の衣装を着て記念撮影できる場所もあります。

一方で地元のフィリピン人は、景色よりもこうした記念撮影や自撮りを楽しんでいる人が多いです。
展望台から涼しい風に吹かれながら、バギオが誇る雄大な山脈を見下ろしつつ時を過ごす休日はいかがでしょうか?
また、日中訪れる人が多いマインズビューパークですが、もう一つのオススメは早朝!朝焼けを見るのに最高の場所なのです。

朝早く起きることに抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、後悔はさせません。
空が徐々に青から紫、そしてオレンジに変わりじんわり暖かくなっていく中、展望台から朝日を迎えるのもきっとバギオ留学の思い出の大切な一ページになるはずです。 ・住所:Outlook Drive, Baguio, Luzon, Philippines
・営業時間:24時間
・定休日:なし

2.ボタニカル・ガーデン(Botanical gardem)


テーマ「自然」で紹介する2つ目の観光名所は、ボタニカルガーデン。
セッションロードをはじめバギオ市街の中心部とマインズビューパークの間に位置する庭園です。
自然が豊富なボタニカル・ガーデンには、数多くの珍しい植物があります。
また、日本をはじめ韓国や中国式の東屋が建っておりのんびり散歩を楽しむことができます。
施設の入り口では、民族衣装をまとったイゴロット族の女性たちと写真撮影をすることもできます。
また奥には第二次世界大戦時に日本軍の野戦病院として使用された防空壕が残っており、バギオと日本それぞれの歴史を考える上で重要な観光名所となっています。 ・住所:37 Leonard Wood Rd, Baguio, 2602 Benguet
・営業時間:6:00〜18:00
・定休日:なし

3.ケノンロード展望台&ライオンズヘッド(Kennon Road & Lion’s Head)


次に紹介する観光名所はケノンロード展望台とライオンズヘッド。
フィリピンの山奥に位置する高原都市のバギオですが、その歴史はわずか100年程度です。20世紀初頭、当時アメリカの統治下にあったフィリピン。アメリカはマニラからバギオに抜ける道路を整備し、バギオ開発へと乗り出します。
そしてその際、労働者として駆り出されたのが、出稼ぎに来ていた日本人だったのです。標高1500メートルという高地での作業は困難を極め、何名もの方が亡くなり、その犠牲の上でついにマニラとバギオを結ぶ幹線道路が出来上がりました。
その道路こそが、今回紹介するケノンロードです。ケノンロード展望台からは、深い谷の彼方よりくねくねと道が続いている様子を眺めることができます。静かな山道にある展望台から自然を楽しみながら、そうした歴史的背景に目を向けてみるのも面白いかと思います。
そして、ケノンロード展望台のすぐ近くに位置するのが、もう一つの観光名所であるライオンズヘッドです。
ライオンズヘッドは、いわゆるバギオのシンボルです。マニラからバギオに向けて走ってくる運転手にとって、バギオに入ることを知らせる目印にもなっています。

何もない山道に突如として現れるライオンの頭。本当に見たまま、ライオンズヘッド。なかなかシュールな光景ですが、バギオを語る上で訪れなくてはならない観光名所。
今なお、多くの観光客を集める観光名所となっています。

●体を使ってアクティビティー!思いっきりはっちゃけられる観光名所♪

さてさて、最後のテーマはずばり「アクティビティー」
思いっきり体を動かしてリフレッシュしたい時、ありますよね。
留学仲間やバギオでできた友達と外で思いっきり盛り上がりたい!!
そんなみなさんの要望に全力で答えられる観光名所3選、紹介させてください。どうぞ♪

1.バーナムパーク(Burnham Park)


はじめに紹介する観光名所は、バギオ市街の心臓部に位置するバーナムパークという公園です。
湖でボートに乗ったり、サーキットでゴーカートに乗ることもできます。
またテニスコートやサッカーコートでスポーツを楽しむことも。
更にフィリピン人に大人気のローラースケート場もあるので、靴をレンタルしてみんなで楽しむのもいいですね。
運動してお腹が空いたら広いカフェスペースも完備されており、1日思いっきり楽しむことができますよ!バギオで運動したいとなったら、是非バーナムパークへ訪れてみてください! ・住所:Legarda-Burnham-Kisad | Corner Jose Abad Santos Drive, Baguio, Luzon 2600, Philippines
・営業時間:24時間
・定休日:なし

2.ライトパーク(Wright Park)


次に紹介する観光名所はライトパーク。
マインズビューパークの麓にあるライトパークは前述のバーナムパークと並び、バギオ市民から愛される公園です。
園内の植物は非常に綺麗に手入れされており、フィリピン映画の撮影でも良く使われるスポットです。またフィリピンのロマンス映画にもよく登場する恋人たちの定番スポットです。
何よりもこのライトパークは、バギオで乗馬が楽しめることでも有名な観光名所!
馬場には毛がピンク色の馬、大きなリボンをつけている馬など、カラフルで可愛らしい馬たちがずらりと並んでおり、観光客の目を引いています。「ポニーボーイ」と呼ばれる馬主たちに声をかけて、乗馬にチャレンジしてみましょう!みんなでトライすれば楽しめること間違いありません。
料金は1時間P300、30分P200です。バギオの思い出にぜひ試してはいかがですか? ・住所:Gibraltar Rd, Baguio, Benguet
・営業時間:月曜~日曜:8:00~日没
・定休日:なし

3.サンフェルナンド (San juan beach)


さあ、最後に紹介する観光名所はサンフェルナンドというビーチです。
バギオ市街からはやや離れており、バスで2時間ほどかかりますが綺麗な海と砂浜が広がり、サーフィンなどマリンスポーツで非常に有名な場所です!
バギオは山に囲まれており緑が多いのですが、海は近くになかなかありません。
フィリピンのアクティビティーといえば海をイメージする方も多いのではないでしょうか。
「海が好きならセブに行けばいいじゃない。」
いやいや、静かで空気が綺麗なバギオに暮らしながら、海にも行って遊びたい。せっかくフィリピン留学にきたんだから、そんな風に欲張ったっていいんです。 サンフェルナンドはサーフィンの聖地だけあり、多くの人がボードを抱えています。レッスンを習うこともできるので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
もちろん通常のビーチとしても魅力満載なので、みんなでワイワイ楽しみながら最高の夕日を堪能してください! ・住所:Urbiztondo, San Juan, La Union, Philippines 2514
・営業時間:24時間
・定休日:なし

さいごに

いかがだったでしょうか?
語学学校で働くインターンから、3つのテーマでバギオの観光名所を紹介させていただきました。
英語の勉強は、部屋にこもって根詰め続けて伸びるものでもないですし、当然遊び過ぎても上達にとっては良くありません。
限られた留学生活の中で上手くバランスをとっていくことが大切と感じています。
今回紹介した9つの観光名所が、これからバギオ留学を考える皆さんにとって素敵な思い出ができる場所になることを願っております。 最後に、各観光名所ではくれぐれもスリや盗難、その他の事件にはお気をつけください。
バギオはフィリピンでも有数の安全な街ですし、いたるところに警備中の警察官の姿があります。安全面に置いては日本とさほど環境が変わらない様に錯覚するほどです。
ただ、そうは言ってもここはフィリピン。ふっと気を抜いてスマートホンを何処かに置き忘れたり鞄を後ろに掛けて気がつけば開いていたり、、、、予期せぬトラブルがどこに潜んでいるかわかりません。
せっかくの留学期間、週末は十分にエンジョイしてほしいのですが、常に海外で生活していることを心得て頂く様にお願いします。 それでは、素敵なバギオ留学ライフを!
最後まで読んでいただきありがとうございました!!

LINE@留学相談
受付中!

LINE@からストーリーシェアの
お問い合わせ担当者へ
無料で留学相談していただけます!
些細な疑問でも
気兼ねなくご相談ください!
Add friend

オンライン授業は
こちらから!

ストーリーシェアでは
対面の授業に加えて
オンライン授業も提供しています。
ご自宅からお手軽に
授業を受けられます!

ABOUTこの記事をかいた人

TakayamaHotsumi

プロフィール情報 セブの小学校で日本語を教えつつ、フィリピンと日本の子ども同士をビデオチャット繋ぎ会話をさせる取り組み(Video Conference Club)をしている。また、その傍らゲストハウス兼語学学校のStoryshare運営スタッフとしても働いている。