【Grab ( グラブ )】セブのタクシー配車アプリの使い方と登録方法

Grab の使い方
フィリピンに行かれる方は、基本的にタクシーの移動となると思いますが、実際フィリピンのタクシー事情ってすごく気になりますよね。

実際に、フィリピンのタクシーって悪名高いことで有名です。
特に、日本人は経済的に豊かで、平和慣れしているため、格好の餌食なのです。

そんなこと聞くと、

「慣れない海外で、ちゃんと目的地に着くか不安。。」

「ぼったくられたらどうしよう。。」

と心配になる方も多いのでは、ないでしょうか?

でも、大丈夫です。「Grab(グラブ)」という配車サービスアプリを使うことで、そんなあなたの不安を解消してくれます。

そこで、今回はこの「Grab(グラブ)」というアプリについて、海外慣れしていないあなたにもわかりやすく、解説していきたいと思います!

目次

Grab(グラブ)とは?

Grab(グラブ)は、フィリピンをはじめ東南アジアで最もメジャーな配車アプリになります。

フィリピンには、2018年までは「Uber」という世界トップシェアの配車アプリもありましたが、すでに撤退しているため、現在使えるのは「Grab(グラブ)」のみとなります。

「Grab(グラブ)」は当初、Grab Taxi というタクシーと乗客のマッチングを行うサービスのみだったのですが、現在は5種類ものサービスを出しています。

それぞれの違いはというと


タイプ
特徴
Grab Taxi普通のタクシーと同じで、メーターによる料金になります。また、それにプラスしてBooking Fee(予約料金)がかかります。(30ペソ〜)
Grab Car固定料金での支払いになります。(アプリに表示されたもの)
製造から3年未満の比較的新しい車がきます。その分料金は少し高いです。時間帯や日にちによっても料金が違います。
Grab Car (6 seats)6人乗り、もしくはそれ以上の大型車を予約できます。
Grab Car+ (Premium)通常のGrab Carよりも、グレードの高い車を予約することができます。その分料金は高くなります。
Grab Share
1つの車に、複数の人が乗り、1人ずつ降ろしていく。(目的地が同じ方向の場合可能)

こんな感じになります。目的地や時間帯などで、料金は変動するので、使う時に応じたものを予約するようにしましょう。

フィリピンの場合、道路はいつも渋滞している場合が多いので、Grab Taxi よりも Grab Car を使う方が良いと思います。(Grab Taxi での長距離移動はおすすめしません。)

Grab(グラブ)の良い所

ぼったくられる心配がない

Grabに登録されているタクシーは、きちんと審査に合格したものだけです。
そのため、一般のタクシーと比べて安心して乗ることができます。

ドライバーの顔と名前がわかるようになっている

Grabでは、ドライバーの顔と名前がアプリに表示され、また、それが記録として残るようになっています。
そのため、何かトラブルがあった場合でも、直接Grabに連絡して、対応してもらうことができます。
また、そのドライバーの評価がわかるようになっていて、ドライバーもその評価を気にしているため、マナーも良く、車内の環境が整っているように感じます。

シンプルでとても使いやすい

初めての行く所となると、どこで降りたらいいのか戸惑いますよね。
でも、Grabなら目的地を地図で指定することができるので、かなり便利です。
わざわざ、コミュニケーションを取る必要がないので、安心して目的地まで行くことができます。
また、Grabのアプリに現在地と目的地までかかる時間が表示されるも、嬉しいところです。

様々な支払い方法に対応している

普通のタクシーだと現金のみが多く、お釣りをチップとして持っていかれることもしばしばあります。
しかし、Grabではクレジット・Grab Payなどキャッシュレスで使用することができます。

Grab(グラブ)の基本的な使い方

まずはGrab(グラブ)をダウンロードしよう!

Grabを使用するために、まずお持ちのスマホ・iPhoneにアプリをダウンロードする必要があります。

Google Play で手に入れよう

電話番号を使い認証する必要があるので、現地でSIMカードなどを買う方以外は、なるべく日本にいるうちに登録しておくようにしましょう。



  1. アプリを開き、上記画面の電話番号・Facebook・Googleアカウントのいずれかを選択します。
  2. Grabから、登録した電話番号あてにショートメッセージが届きます。
  3. ショートメッセージにある認証コードを入力して、完了です。

※クレジットカードを登録しようと思っている方へ
日本では、カード情報が登録できない場合があリます。現地に着いてから登録するようにしましょう。

乗車場所と目的地を選択します

まず、アプリを開いたら「Car」という所をタップしてください。


設定で「Grab」の位置情報サービスをオンにしておくことで、自動的に現在の場所(ピックアップ)を入力してくれます。 次に、目的地を入力したいので、「I’m going to…」の所をタップします。


すると、この画面に移るので目的地を入力していきます。
このように、入力していくとアプリが予測して、場所を表示してくれます!

また、右上のマークをタップすると、自分でマップ上から目的地を選ぶこともできます。


「Confirm」をタップして決定してください。


予約をする

目的地を決定すると、この画面に変わります。
クレジットカードを登録しておくと、左下に登録したものが表示されます。


「View All」をタップすることで、それぞれの料金と時間を確認することができます。


また、「+」のボタンをタップすることで、場所を追加することができます。
いったん、どこどこに寄りたいという時に、とても便利な機能です。
寄る順番を変えたい時は、「↑↓」のボタンをタップすることで、変えることができます。


「Book Grab~」という緑のボタンをタップし、予約するとドライバーを探している画面に移ります。
中々見つからない場合、前の画面に戻るので、また予約し直してください。


ドライバーが見つかると、このように表示されます。
名前や顔写真、車のナンバー、評価がここで確認できます。
下の電話マークからは、電話をかけることもできますし、チャットマークからメッセージも送れます!

その上の「8 min」の表示は、ドライバーが到着するまでの時間を表しているので、近くなったら、周りを見渡すようにしましょう。

ドライバーが着いたら、メッセージが届くので、ドライバーとナンバーをしっかり確認して、乗るようにしましょう。

支払い方法

支払い方法は、現金と、クレジットカードの2通りあります。

現金の場合、予約時に表示された金額を、降りる時ドライバーに払えばいいです。 クレジットカードの場合は、あらかじめアプリにご自身のカードを登録しておく必要があります。

現金払いと違い、到着後にアプリに支払った情報が表示されるので、「OK」をタップして完了です。 クレジットカード払いだと、手間が省けて、とても便利です!

割引について

「Grab(グラブ)」には、プロモコードといって、料金を割引できるコードを使えることができます。

使い方は、以下の通りです。

「Promo」というところをタップしてください。



『Get More Rewards』をタップしてください。


ポイントが貯まると、このように割引クーポンが手に入れることができます。
初めて使う場合には、初回割引クーポンがGetできるます!

定期的に、このPromoコードが届くことがあるので、ぜひ活用するようにしましょう!

使う上で気をつけるべきこと

「Grab(グラブ)」では、予約後にでも、キャンセルすることが可能です。
しかし、何度もキャンセルをし続けると、ペナルティにより、短時間使えなくなります。

実際に、予約後だけではなく、なかなかドライバーが捕まらないからといって、予約前にキャンセルを繰り返しても、使用できなくなる場合があるので、注意するようにしましょう。

Grab(グラブ)の唯一の弱点!?

Grab(グラブ)は説明したようにぼられない、身元がわかっていて安全、というとても便利な神アプリです。

しかしそんな神にも弱点が一つだけありました。それは、、

「交通渋滞」です!

まだインドネシアのジャカルタ、他国の渋滞に比べれば、ひどいところは会社に行くのに片道3時間かかってしまいます。

それに比べればフィリピンはまだ良い方なのですが、渋滞がなければ20分で着くところに、

マニラ:1時間半〜2時間
セブ:1時間〜1時間半
バギオ:1時間

はかかってしまいます。

そんな時に強い味方なのが、渋滞がどんなにあってもスイスイと進むことができるオートバイの乗車アプリです。

Angkas(アンカス)とは?

Angkas(アンカス)
Angkas(アンカス)とは、Grab(グラブ)のオートバイクバージョンみたいなものです!
地元セブとマニラだけのアプリで、値段はタクシーの半額程度です。

つまり、タクシーで100ペソかかるところなら50ペソでいけます!

しかも、どんどん顧客サービスが進化していて、今や排気ガスを防ぐため新品のマスクや、ヘルメットで頭が汚くならないように使い捨てのシャワーキャップまでもらえます!

こちら品切れの時もありますが、普通にあるので自分から

Can I get a mask, please?
Can I get a hair cap, please?


と聞いて見ましょう。こういう「自分から聞く」というのが英語力、コミュニケーション能力を高めるためにも役立ちます。

Angkas(アンカス)の弱点

タクシーよりも安くて早い渋滞知らずのアンカスにも弱点があります。
それは、、

『交通事故の確率』です!

車よりもオートバイの事故が特にセブは多いです。
中にはアンカスを始めオートバイのサービスを禁止している語学学校もあります。

確かにオートバイは転倒、衝突の危険性があるのでおすすめできません。
あくまで自己判断です。

できるだけGrab(グラブ)を使うようにしましょう。たとえ、渋滞で長引いても車の中で単語を覚えたり、スマホにテッドトークをダウンロードしてシャドーイングをすることができます。オートバイに乗っている間はできません。

Angkas(アンカス)の情報も載せておきますが、こちら十分に注意をして決してスピードを40キロ以上出さず、ヘルメットをきちんとしめて、スリッパではなく靴を履くなど最大限注意しましょう。


まとめ

以上が、Grab(グラブ)の基本的な使い方になります。

特に、フィリピンで普通のタクシーを乗ることは、怖いかしれませんが、
Grab(グラブ)を使うことで、安心して乗ることができます。

ぜひ、Grab(グラブ)をダウンロードして、フィリピンで安全で快適な生活を送りましょう!
Grab の使い方

LINE@留学相談
受付中!

LINE@からストーリーシェアの
お問い合わせ担当者へ
無料で留学相談していただけます!
些細な疑問でも
気兼ねなくご相談ください!
Add friend

オンライン授業は
こちらから!

ストーリーシェアでは
対面の授業に加えて
オンライン授業も提供しています。
ご自宅からお手軽に
授業を受けられます!

ABOUTこの記事をかいた人

YamamotoRyota

アメリカ、オーストラリアの留学を経て、海外の魅力に取りつかれ、いつの間にかセブでストーリーシェアのスタッフになっていました。留学経験を生かして生徒さんを全力でバックアップしていきながら、現地の生きた情報を発信していきます。セブ留学お考えの方、更にその先も含め、サポートさせていただきます。