[全長10メートル越えのジンベイザメと泳いで人生観を変えてしまおう! ]フィリピン・セブ島の英語語学学校ストーリーシェアが主催する豪華なツアー!



今日はフィリピンで2つの英語語学学校を展開する「ストーリーシェア」のセブ校が留学生に提供するツアー、セブ島で大人気の3つのツアーの内、2つのツアーを1日で楽しめる

「美しいオスロブ、モアルボアルの海でジンベイザメやウミガメと一緒に泳ぎ、イワシの大群を見て人生観を変えてしまおうツアー」


のご紹介だよ!


スケジュール

AM4:00  学校を出発!


AM6:00  Jolibiで朝食


AM9:00  オスロブに到着!ジンベイザメと一緒にシュノーケリング
(人生観が変わっちまう時間)


AM11:30 モアルボアル到着と同時に昼食


PM13:00 モアルボアルの海でシータートル(ウミガメ)と泳ぎイワシの大群を見る


PM15:00 モアルボアル出発


PM19:30 学校到着、解散



勉強しまくってストレスを抱えまくった脳みそを一旦解放しよう!

フィリピンの英語語学学校ストーリーシェアでは留学生が留学期間中に日本語を使う事を一切禁止するEOPスタイルを活用し、1日も早く生徒が正確な英語を話せる様になる為、毎日Englishのみでミッチリと授業を行います

授業だけでなく日々の生活でも日本語を一切使えなくするEOP制度は数ある英語学習の中でも1番の上達への近道と言えますがそれ故にイバラの道で御座います


そして一週間死に物狂いで英語を話し、

「勉強漬けの毎日で脳みそがパンパン、爆発しそ〜だよ〜😖」


といういう生徒の為、週末は思いっきり気分転換させてあげられる方法はないだろうか?という思いも込めストーリーシェア・セブ校ではセブ島でしか体験出来ないツアーを幾つかご用意しています


その中の1つが全長10メートルを超えるジンベイザメ可愛らしいウミガメと一緒に泳げるセブ島きっての大人気ビーチスポットを1日で2つも回れる夢のツアーです



皆さん考えて下さい・・・

一生の間に実際に全長10メートル超えのジンベイザメと泳ぐ人と泳がない人の割合ってどんなもんだと思いますか?



ググってみたんですけど詳しいデータは無かったのです。が、僕の知り合いや友達からは聞いた事は一度もありません! コレはどういう事か?

そう、みんながまだ経験した事がない楽しみを先取りして楽しんじゃって皆んなに教えてあげよ〜〜〜!

って事ができるんです!

そして人生は本当に短い!
僕達の一生はあっという間に終わってしまいます

僕は飲食店経営が長かったもんですからお客さんとこんな会話をよくしました



「〇〇さん、自分が死ぬまでにやってみたい事リストってありますか?」



僕は死ぬ時に後悔したくないという思いが人よりも強いもんですから「死ぬまでに絶対にやりたい事リスト」って奴を作ってます

その中の1つに「クジラと泳ぎたい」ってのがあるんです


今回はクジラじゃないですけどデカさ考えたらジンベイザメでも僕のテンションは一気に上がってしまいました



あの強大なジンベイザメと一緒に泳げるってなんて・・・

コレは間違いなく楽しく、日本人があまり出来ない事の1つですよね!?

こりゃ、行くっきゃね〜でしょ!

って事で生徒を引率するという立場にありながら僕自身が一番ドキドキしてたツアーでした

今日はそんなツアーの内容をレポートしたいと思います


クジラでもなんでもそうなんですが、特定の生き物に会いに行く時に一番厄介なのが時間なんですね


大体その生物が現れる時間とかって決まってて僕の経験からすると大抵朝がメッチャクチャ早い事が多いですね

スリランカで鯨を見た時もメチャクチャ朝早くて目糞を付けたままボートに乗り込んだのを覚えてるなぁ〜〜・・(目〜こすったら目糞が固くて痛かったんだアレ)


目糞の事は置いといて、この日も朝の4:00に学校出発です


生徒達に「絶対に寝坊しない様にお願いね!」って前日に3回くらい釘を刺したのでみんな寝坊せずに起きてくれました😁
車内で朝日を迎える生徒達



そして1つ目の海オスロブに到着!


(オスロブという街とは?)



オスロブは

ジンベエザメの海上餌付けに世界で初めて成功した街!

と言われています!

このオスロブまでくればボートの上からでも巨大なジンベイザメを見る事が出来ますしシュノーケリング装備も一式借りる事が出来、ジンベイザメと一緒に泳ぐ事が出来ます


ダイビングポイントもありライセンスを持っている方ならばすぐに潜れるポイントもある様です

シュノーケリング装備を着る生徒たち
みんなでボートに乗り込みいざ出発
ジンベイザメが泳いでいる場所は浜辺から僅か50メートル程のポイント!

(この距離なら船酔いする方も安心ですね!)



ポイントに到着するとスグに姿を表すジンベイザメ達!



お〜、1匹じゃね〜!クッソでかいのがゴロゴロいるぜ〜〜!


その巨大さと優美さに生徒達も大興奮! (興奮し過ぎで浮いてるのに海水飲んどる生徒もおった 笑笑)


もちろんえ〜歳したアラフォ〜の自分も大興奮!

でけ〜〜!近け〜〜〜!


いやぁ〜〜、ヤバかったっす!!!


海の中ってもちろん無音な訳じゃないですか?
音がない世界に自分の五倍以上の生き物がノ〜ンビリと優雅に泳いでる訳ですよ

自分もちっちゃい悩みとかなんとかありますけどあのデッカイ生き物と超透明な海の中で一緒に泳いだらもう、それだけで

人生観変わりまっせ!!

😍

初めてジンベイザメを水槽のガラス越しでは無く生で見る事が出来、あまつさえも一緒に泳げた僕達は大満足で一つ目の海オスロブを後にしました

最後に記念撮影、パシャリ!
なんか普通の道でこんなの見ました

そして又車に乗り込みウミガメとイワシの大群が待つ第二の海モアルボアルへ向け出発

(オスロブからモアルボアルまでは車で一時間半程!)

モアルボアルはどんなとこ?

一言で言えばモアルバアルシュノーケリングやダイビングにおいてセブ島屈指の綺麗なビーチスポットが沢山ある街です

モアルボアルにはホワイトビーチパナグサマビーチという2つのビーチがあります

セブの西海岸で一番有名なリゾートエリアですが高級ホテルが沢山居並ぶって感じでは無く、海沿いにズラ〜っとシーフードレストランやモーテル、ゲストハウスが並んでる感じの穏やかな街です

ホワイトビーチ


ホワイトビーチは綺麗な砂浜から海に入れるのがポイントであり、家族連れなどで砂浜でのんびりという方に向いているビーチと言えるでしょう。先ほども書きました通りレストランやゲストハウスも沢山あり施設に不自由する事なくバカンスを楽しむ事が出来るでしょう

パナグサマビーチ

パナグサマビーチはどちらかというとダイビングしたい人向けのビーチとなっています パナグサマビーチにはダイビングのサービスを提供する会社が多いのが特徴です

そしてホワイトビーチ同様にパナグサマビーチの周りにも宿屋やレストランがあります

(どちらのビーチも宿泊を兼ねた滞在に向いていると言えるでしょう)


まとめると、綺麗な砂浜でノンビリしたい方はホワイトビーチ、本格的にダイビングを楽しみたい方にはパナグサマビーチという感じでスケジュールを立てると良いと思います

(シュノーケリング・ダイビングもしたいし砂浜でゆっくりもしたいって方はセブシティーとの移動距離を考えて一泊はするのがオススメ!根性で朝早くに行けば両方出来なくはないと思いますがシンドそ〜💦モアルボアルはセブシティーから車かバイクタクシーで3時間程です。)
モアルボアルに到着して直ぐにランチタイム!地元のシーフードが食べられるローカルレストランにて!

ランチの後はウミガメとイワシの大群と一緒に泳ぐ為にモアルボアルの海へ!



さすがセブ島でNo. 1の綺麗さを誇るというだけあった海に飛び込んだ瞬間にウミガメやイワシの大群と出くわす事が出来ました!



生徒達も大満足


はい、という訳で今日はフィリピン屈指のビーチスポット2つをご紹介させて頂きました



フィリピン・セブ島に英語留学でいらっしゃる生徒様も一般のご旅行で来られる方も比較的簡単に訪れる事が出来る両ビーチですので是非セブ島にお越しの際は足を運んでみては如何でしょうか!?




最後にお値段の方なんですが、一般のセブの旅行会社で予約するとお二人でご予約の場合はお一人様9500ペソで3人の場合は8000ペソ、四人以上の場合は7000となっておりました。



今回はストーリーシェア主催という事で貸切バン(学校発の学校着)と朝食、昼食付き(ツアーの場合は朝食はパンと水が配られる程度で昼食は自腹が多い)、英語講師のガイド付きと水着(持って来ていない生徒へ)、シュノーケルの貸し出しも全て込みで9500ペソでのご案内でした

どちらにしろ日本円で考えた場合、「非常に安い」とは言えない金額ではあるかもしれませんが

一生に一度の体験かつ、どこでも経験できるものでもないという事

を踏まえて考えるとかなりのお値打ちツアーであると言えるでしょう


それでは長文ご愛読、有難うございました〜〜!!!

LINE@留学相談
受付中!

LINE@からストーリーシェアの
お問い合わせ担当者へ
無料で留学相談していただけます!
些細な疑問でも
気兼ねなくご相談ください!
Add friend

オンライン授業は
こちらから!

ストーリーシェアでは
対面の授業に加えて
オンライン授業も提供しています。
ご自宅からお手軽に
授業を受けられます!

ABOUTこの記事をかいた人

KawaiKengo

ケン坊@世界🌍へ飛び出したアラフォー無職の三線弾きブロガー @KawaiPhoto プロミュージシャン🎸→焼き鳥屋→26歳で独立→数店舗経営→仕事に飽き、店を売却→師匠に選んで貰った三線を片手に世界へ→フィリピンの英語学校StoryShareに3ヶ月留学(ハロ〜しか言えなかったのが朝まで外人と呑めるまでに)→嫁と世界一周中→平行して社長がおもろい人だったので現在StoryShareをお手伝い中💖