ストーリーシェアでは、病気になっても学校で診察が受けられる!セブのジャパニーズヘルプデスクを紹介!

ジャパニーズヘルプデスク

留学期間中に病気になったらどうしますか?

病院に行こうにも、自分の症状をちゃんと伝えられるか心配ですよね。

「この症状って英語で何て言うんだろう。。」

「ちゃんと診察してもらえるのかな。。」

と、現地の病院に行く場合、とても不安になると思います。

しかし、ストーリーシェアならそんな心配はいりません!

ストーリーシェアでは、日本語対応のジャパニーズヘルプデスクがある病院と提携を結んでいるため、わざわざ病院に行かなくても、学校内で診察を受けることができます!

そこで今回は、そのジャパニーズヘルプデスクについてと診察をしてもらう上で必要になること、注意事項などを紹介していきたいと思います。

目次

ジャパニーズヘルプデスクとは?

セブ市内の総合病院には、『ジャパニーズヘルプデスク』と呼ばれる、日本人のために診察や予約など、全て日本人スタッフが対応してくれる施設があります。

日本人が安心して海外医療を受けれるよう、日本人スタッフ、通訳、保険会社とのやり取りなど、医療全般をサポートしてくれます。

また、海外保険に加入していれば、現金を払うことなく診察と治療をしてくれます!

ジャパニーズヘルプデスクがある病院

セブ市内のジャパニーズヘルプデスクがある病院一覧はこちらです。

セブドクターズホスピタル(Cebu Doctor’s University Hospital)

住所Osmena Blvd, Cebu City, Cebu 6000 Philippines
電話番号+63-32-318-6507 (日本語可)
診療時間月~金:9:00〜21:00 土:9:00〜14:00
定休日日曜、祝日(緊急外来受け入れあり)
診療科目総合(歯科を含む)
予防接種対応可
健康診断対応可

セブチョンワンホスピタル マンダウエ (Cebu Chong Hua Mandaue Hospital)

住所Mantawi International Drive, Subangdaku, Mandaue City, Cebu, Philippines 6014
電話番号+63-32-318-6057(日本語対応)
診療時間月~土 8:30〜17:30
定休日日曜、祝日
診療科目総合(歯科を含む)
予防接種対応可
健康診断対応可

UCメディカルセンター

住所Ouano Ave., Subangdaku, Mandaue City, Cebu, Philippines 6014
電話番号+63-32-350-2656
診療時間月~土 8:30〜17:30
定休日日曜、祝日
診療科目総合(歯科を含む)
予防接種対応可
健康診断対応可

マクタンドクターズ

住所Basak, Lapu-Lapu City, 6014
電話番号+63-32-3128-6063
診療時間月~土 8:30〜17:30
定休日日曜、祝日
診療科目総合(MRIを除く)
予防接種対応可
健康診断不可

ストーリーシェア生徒は学校で診察が受けられる!

ストーリーシェアの生徒は、ジャパニーズヘルプデスクの診療サービスを学校で受けることができます。

ストーリーシェアでは、体調が優れないとき、ジャパニーズヘルプデスクのドクターと日本人ナースが週に1度、学校まで診察に来て頂けるようチョンワンホスピタルと提携を結んでいます。

生徒さんは体調の悪い中ご自身で病院まで行っていただかなくても、学校内でドクターの診察を受けることができます。


ステップ1 診察を受けたいとスタッフに相談する

ご自身で連絡いただかなくても、スタッフがジャパニーズヘルプデスクへの連絡をします。


ステップ2 必要書類の準備をする

診察を受ける際、以下のものを準備してください。

1. 海外保険に加入している方
  1. 保険証のコピー
  2. パスポート顔写真ページと
  3. 日本出国スタンプのページのコピー、またはe-ticketのコピー

2. クレジットカード保険利用の方(自動付帯)
  1. クレジットカードの表面のコピー
  2. パスポート顔写真ページのコピー
  3. 日本からの出国スタンプのページ、またはe-ticketのコピー

3. クレジットカード保険利用の方(利用付帯)
  1. クレジットカードの表面のコピー
  2. パスポートの顔写真のページのコピー
  3. 日本からの出国スタンプのページ、またはe-ticketのコピー
  4. 航空券を購入した会社からの領収書
  5. クレジットカード会社から発行される利用明細書
※利用明細書について
カード所有者氏名、カード番号、購入した日付、利用会社、金額が④の領収書と同じであることが記載してあるすべてのページ必要です。複数枚になっても構いません。
注意

クレジットカード保険利用の方は、カード裏面の電話番号へ連絡し、カード会社に病院受診の希望をあらかじめ伝えるようにしてください。


ステップ3 診察

午後1時30分から学校内の個室にて行います。
休館や予想以上の渋滞によりジャパニーズヘルプデスクの方の到着が、遅れる場合もあります。

海外保険をお持ちでない方、ジャパニーズヘルプデスクが対応していない海外保険にご加入の方、日本国籍以外の方は、診察料500ペソにて診察を受けることができます。

ただ、診察料に薬代が含まれていないので、処方箋を受け取った後、ご自身でご購入する必要があります。さらに検査が必要な場合は、チョンワマンダウエ病院で対応可能です。(検査内容によりお値段が異なります)

ジャパニーズヘルプデスクを個人で利用される場合はこちら

どの保険会社を選べばいいの?

ジャパニーズヘルプデスクがおすすめする海外保険会社は以下になります。
他にも対応可能な保険会社はたくさんありますが、セブ留学前に海外保険で迷われてる方は、こちらの一覧から選ばれることをおすすめします。

  • 三井住友海上火災
  • ジェイアイ傷害火災
  • 朝日火災保険
  • あいおいニッセイ同和損保
  • 日新火災
  • セコム損害保険
  • 損保ジャパン日本興亜
  • AU損保
  • チューリッヒ
  • エイチエス損保
  • CHUBB保険
  • 東京海上日動火災
  • AIG保険

ストーリーシェアの付き添いサービスについて

ストーリーシェアの付添いサービスの料金は3種類あります。

1. 海外保険に加入されており、フィリピン人スタッフが付添う場合

・生徒様が7時〜18時の時間内で退院できる場合:2000ペソ

・それ以降の対応が必要な場合:3000ペソ

・休んだ授業のメイクアップクーポンが無料でもらえる。

2.海外保険に加入されており、日本人スタッフが付添う場合

・生徒様が7時〜17時の時間内で退院できる場合:3000ペソ

・それ以降の対応が必要な場合:4000ペソ

・休んだ授業のメイクアップクーポンが無料でもらえる。

3. 海外保険に入ってない方の場合

・付き添いサービスは基本的に無料で行える。

・休んだ授業を別の日に振替で行うことができない。

まとめ

留学くる前は、フィリピンで病気になったらどうしようと心配になると思います。

一番は病気にならないように日頃から予防することが大切ですが、もし病気になったとしても、今回紹介したように、ストーリーシェアでは学校で診察を受けることができます。

そのため、そこまでひどくない場合はわざわざ病院に行く必要がありません!

海外保険やその他のサービスについてもっと知りたいという方は、ストーリーシェアのLINE@を登録して、ぜひ相談してください!

フィリピンの医療体制とオススメの保険会社についてはこちらから!

ジャパニーズヘルプデスク

LINE@留学相談
受付中!

LINE@からストーリーシェアの
お問い合わせ担当者へ
無料で留学相談していただけます!
些細な疑問でも
気兼ねなくご相談ください!
Add friend

オンライン授業は
こちらから!

ストーリーシェアでは
対面の授業に加えて
オンライン授業も提供しています。
ご自宅からお手軽に
授業を受けられます!