【2019年最新版】マニラの空港でのターミナル移動について

マニラにある空港、ニノイ・アキノ国際空港(MNL)はターミナルが4つあり、多くの国際線、国内線が発着している、フィリピン最大の国際空港です。

フィリピン航空、セブ・パシフィック航空のハブ空港になっているため、マニラからセブに行く場合や帰国する際に、トランジットで利用すると思います。

マニラ(ニノイ・アキノ)国際空港では、ターミナル移動をすることも多く、また、ターミナル同士が遠いため、バスやタクシーを使うことになる場合もあります。

そこで、本記事ではマニラ(ニノイ・アキノ)国際空港でのターミナル移動についてを徹底解説しようと思います!

目次

1.ターミナルについて

マニラ(ニノイ・アキノ)国際空港は、フィリピンで最も広い国際空港です。フィリピン航空とセブパシフィック航空のハブ空港になっているため、トランジットで利用するかと思います。

ターミナルが4つあり、また、ターミナル同士が離れているため、その移動はタクシーかバスを使うことになります。
そのため、自分がどこの航空会社でどこのターミナルで発着なのかを、きちんと把握しておく必要があります。

以下が、各ターミナルごとの航空会社の一覧になります。


第1ターミナル(国際線専用)

  • 日本航空
  • ジェットスタージャパン
  • 中華航空
  • 大韓航空
  • アシアナ航空
  • タイ国際航空
  • ジェットスターアジア航空
  • カンタス航空
  • ユナイテッド航空
などがあります。
到着便が集中する夜の時間帯は、入国審査が混み合うため、注意してください。


第2ターミナル(フィリピン航空とPAL エクスプレス専用)

フィリピン航空とPALエクスプレス専用のターミナルになります。センテニアル・ターミナル(Centennial Terminal)とも呼ばれます。


第3ターミナル(国際線・国内線)

  • セブパシフィック航空
  • エアアジア・フィリピン
  • エアアジア
  • 全日本空輸
  • キャセイパシフィック航空
  • エミレーツ航空
  • シンガポール航空
  • デルタ航空
  • フィリピン航空(PAL エクスプレスを含む国内線のみ)
などです。

一番新しいターミナルになります。第1、2ターミナルとは正反対の位置にあるため、歩いて移動することはできません。


第4ターミナル(国内線専用)

国内線専用のターミナルになります。(Manila Domestic Passenger Terminal)
エアアジア・フィリピン、セブゴーなどの格安航空会社などが発着しています。

2.ターミナル間の移動について

主な移動手段として

・バス
・クーポンタクシー
・エアポートタクシー
・Grabタクシー
・一般のタクシー

があります。

バスで移動する場合

初心者にオススメなのが、無料の空港のシャトルバスを利用する方法です。

無料で安全な上、1時間に1本は必ず走っています。空港のタクシーはぼったくりをすることで有名です。ですので、時間に余裕があればバスを利用する方が絶対良いです。

空港に着いてターミナル移動をするときにやることはずばり、『Terminal Transfer Counter(ターミナル間移動カウンター)』を探すことです。

行き方について詳しく説明しますが、迷ったら空港職員に『Terminal Transfer Counter』がどこか聞いたり、案内を見て探せば大丈夫です!


NAIA3
バスでマニラ(ニノイ・アキノ)国際空港の前に着いたら奥に見える扉から空港に入りましょう。
空港に入る際には航空券を出すように求められるのであらかじめ用意しておきましょう。


inspect
入り口すぐに荷物検査があるのでこちらを通過します。
危険物を持っていないかの確認だけなのでそんなに緊張しなくても問題ないです!


NAIA terminal3-1
ターミナル3に入ったら右手の方向に進みます。


Cebu pacific
すると写真にある『cebu pacific』の受付のようなものが見えます。


NAIA terminal3-2
ですがこちらがゴールではなく次は左を向いていただきまっすぐ進みます。


E;evater
するとエレベーターが見えるので1階まで降ります。
エスカレーターよりもエレベーターの方がキャリーバッグを持ちながらの移動では楽だし近いのでオススメです。ですが、とにかく1階まで行けば問題ありません。


board
ちなみに1階に降りるとこのようなボードがあります。1階の所に『Terminal Transfer Counter』とありますね。


エレベーターを降りてすぐ右の所にこのような看板があります。後はこちらの看板が指す方へ向かえば大丈夫です!


Terminal Transfer Counter
そしてこちらが目的地の『Terminal Transfer Counter』になります!ひとまずここまで来れば一段落です!ここでも、航空券の提示をお願いします。(どこのターミナルに行くか見てくれます)

ちなみにCebu Pacificってカウンターには書いてありますが、他の航空会社の利用であっても問題ないです!

『Terminal Transfer Counter』の職員の人に航空券を見せると奥に通されそこでも荷物チェックがあります。(本当に厳重ですね)こちらは写真NGでしたので、写真がありませんが一本道なので問題ありません。

最後バスの待機するスペースにつきますのでこちらでバスを待ちます。職員さんによると、1時間に1本来るみたいです。


Terminal Transfer Counterから違うターミナルまで

ここでの注意点としては、バスが到着してから出発までが非常に速いので寝るのは厳禁です。また、トイレなどをしていたら置いていかれます

僕も決してもたついてたわけじゃないのですが職員さんに走るように指示されました笑


バス内
その後バスへ乗車します。バスの外観とかも撮りたかったのですが急かされて撮れなかったです。ターミナル3からターミナル4への移動は10分くらいでした。


こちらはターミナル4の前になります。ここからまた空港に入る為に航空券を見せます。 以上までがバスでのターミナル移動の解説になります。

タクシーを利用する場合

クーポンタクシー

行き先によって料金が決まっていて、空港内のカウンターで申し込みすることができます。定額制なので、エアポートタクシーや一般のタクシーを使うよりは安心ですが、運賃は少し高いです。(たまにぼったくられることもあるそうです…)

エアポートタクシー

黄色のメータータクシーです。普通のタクシーよりも安全ではありますが、使用する際は、メーターを確認するようにしましょう。

Grabタクシー

一番オススメなのが、この配車アプリ『Grab』を使ってタクシーを予約する方法です。ドライバーの情報がわかるので、ぼったくられる心配がなく、安心してタクシーを利用することができます。

ダウンロード方法や詳しい使い方については、以下の記事を参考にしてみてください。
Grab の使い方

【Grab ( グラブ )】セブのタクシー配車アプリの使い方と登録方法

04/05/2019


一般のタクシー

普通の白い色のタクシーになります。一番安いため、現地の人はこのタクシーを使いますが、日本人の場合、ぼったくられる可能性が高いため、なるべく使うのを避けた方が良いです。

自分がターミナル移動をするかどうかわからない方へ

バギオからマニラに行く場合はバスを利用しますが、バスはニノイ・アキノ空港のターミナル3に停まります。

その為、航空券のマニラ→日本(もしくはほかの都市)を見て出発が第3ターミナルでなければターミナル間の移動が必要になります。


Cebu Pacific itinerary
Departure(出発)という箇所を見ていただいて”Ninoy Aquino International Airport”の箇所が”Terminal3″となっていればターミナル間移動はありません。それ以外だとターミナル間移動があります。

3.まとめ

以上がマニラ国際空港のターミナル移動の方法です。

初めて利用する人や、慣れてない人は、なるべくターミナル間の移動がないように、同じ航空会社で予約するのが良いと思います。

また、安心して空港を利用するために、時間に余裕を持って行動するようにしましょう。

LINE@留学相談
受付中!

LINE@からストーリーシェアの
お問い合わせ担当者へ
無料で留学相談していただけます!
些細な疑問でも
気兼ねなくご相談ください!
Add friend

オンライン授業は
こちらから!

ストーリーシェアでは
対面の授業に加えて
オンライン授業も提供しています。
ご自宅からお手軽に
授業を受けられます!

ABOUTこの記事をかいた人

KatoShun

現役大学5年生。StoryShareで「社長のかばん持ちインターン」をしながら英語と海外で働くという事を勉強している。主にバギオ滞在しメールでの応対や留学相談、生徒のサポートなど様々な業務をしている。