ストーリーシェア セブグアダルーペEOP校舎紹介

ストーリーシェア グアダルーペ(EOP校舎)とは?
– 語学学校とゲストハウスを同じ空間で –
■目次
1.玄関・外庭
2.部屋
3.バスルーム
4.リビング
5.キッチン
6.週末イベント
7.タクシーでの行き先
8.住所とマップ
9.ストーリーシェア  グアダルーペ周囲情報
10.まとめ 発展を続けるフィリピンですが、危険を感じる場所が沢山あります。その為、多くの語学学校では門限や立ち入り制限地域を設け生徒がトラブルに巻き込まれない様に安全を確保します。その結果、校舎内に留まり、現地の人達との交流も同時に制限されますが、ストーリーシェアは”語学学校とゲストハウスを同じ空間”に用意する事により多くの外国人を校内に招きます。 フィリピン留学を成功させるキーワードは2つで、「語学学校での勉強の時間」と「留学期間中に実生活が共に充実させる」事です。理由は、自分から友達を作り沢山の人と繋がる事で英語で時間を過ごす事が多くなり、結果として英語が伸びます。ゲストハウスでは同じ空間で外国人と過ごす時間が多くなり自然と会話が産まれそこから友達が出来ます。 ゲストハウスには出逢いを求めて訪れる旅人が多く訪れます。彼らの多くは旅の途中ですので時間を多く持ち、人と出逢う事を楽しみにしています。旅人のオープンマインドと過ごす時間はリラックス出来き、知らない人同士の共同生活で今までにない経験が出来ます!

1.玄関・外庭

3ab858da-1eb9-4d08-a3e6-64dacd861fca
オートロック式でセキュリティは抜群です。
庭園は手入れの行き届いた緑に囲まれてまるで都会を忘れさせてくれるかのような風景です。

2.部屋

1人部屋Room(D)
1人部屋Room(C)
1人部屋Room(B)
2人部屋Room(A)

3.バスルーム

男女共同バスルーム(本館)
男女共同バスルーム(別館) ※女性専用のバスルームもございます。

4.リビング

こちらで授業を受けたり食事をして頂けます。空いている時間にくつろいで頂けたり、他の生徒やゲストさんとも交流できます。毎日、掃除され綺麗に整われているリビングームになります。

5.キッチン

こちらがキッチンでどなたでもご利用頂けます。
水道水は飲むことができませんのでウォーターサーバーをご利用ください。

6.週末イベント

ストリーシェア グアダルーペでは、週末にゲストと生徒の交流を深めるためにイベントを開催しています。
英語の勉強は机の上だけでなく、実際に会話に落とし込み実践していくことが大切です。

7.タクシーでの行き先

タクシーを取る際は、”Guadalupe Near Rose Pharmacy warehouse (グアダルーペ ニア ローズファーマシー ウェアウス) ” と言って乗車してください。 Rose Pharmacy warehouseは有名なチェーンドラッグストアの倉庫で、EMELIO OSMENA ST(エメリオオスメニャストリート)の行き止まり付近にあります。空港からの料金はおおよそ250ペソから300ペソ前後です。

8.住所とマップ

ストーリーシェア  グアダルーペ(EOP校舎) 28 Emilio Osmeña St, Cebu City, 6000 Cebu Google Map:

9.ストーリーシェア  グアダルーペ周囲情報

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

まとめ

ストーリーシェア  グアダルーペ(EOP校)は、18部屋と規模自体はそこまで大きくありませんが、先生と生徒とゲストで一緒の空間に住み常に英語を話せる環境下にあります。是非、ストーリーシェア  グアダルーペ(EOP校)で一緒に勉強をしましょう! ストーリーシェア  グアダルーペ(EOP校) 料金表はこちらからご確認ください。 無料見積もりはこちらからお申し込み頂けます。 セブベーシック校舎に興味がる方はこちらから

LINE@留学相談
受付中!

LINE@からストーリーシェアの
お問い合わせ担当者へ
無料で留学相談していただけます!
些細な疑問でも
気兼ねなくご相談ください!
Add friend

オンライン授業は
こちらから!

ストーリーシェアでは
対面の授業に加えて
オンライン授業も提供しています。
ご自宅からお手軽に
授業を受けられます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

KoyamaYohei

フィリピン留学をバギオ、セブとダバオの3校でした後、オーストラリアへ2年間仕事をする。多くのフィリピン留学経験者を見ていて、語学学校の違いで英語の上達度が違うことに気が付く。数多くのイベントを日本国内国外問わず手掛け、ニュースメディアのQeticとイケてるセブの最新情報発信するササセブのコラムライター。自らを「世界中の情報を発信し続けるハイパーコラムニストバックパッカー」と呼んでいる。