【まとめ】フィリピン留学ではなぜ講師の研修ができないか?

全ての学校は講師の質が良いと宣伝します。ところが現実はどうでしょう?
実際に語学学校で1年間働いたという先生が、ストーリーシェアにきたので動画をとりました。
1年間教えていたのに、中学1年生の初歩の初歩も知らないという語られない真実。

1年間英語講師をしていたはずなのにShe asksもしらない

動画をみてわかるとおり、

3人称が主語の場合、動詞に s がつくということは中学1年でやる内容。
それも知らない、言えない。
これはフィリピンでは至って普通だ。

英語講師として一体何を生徒に教えてきたのだろう?
背筋がぞっとした人もいるかもしれない。

よく

研修を重ねて、講師を一流にしています!

とか

試験で高得点をとった講師だけ採用!

とか

宣伝文句があふれています。
殆どの生徒には見分けがつかないこの「講師の研修」とか「厳しい採用」。
現実には動画をご覧の通りフィリピン留学は欧米留学と違い講師の研修はあまりできません。

その理由をまとめてみました。

講師養成学校にいくお金がない

money-1005464_1280
欧米留学の講師は皆自腹でお金を払い講師養成学校にいく。
日本語講師もそうです。何十万円もする上に1年間通います。
ところがフィリピン人にはそんな余裕はありません。
そもそもフィリピンにESL講師養成学校はありません。

語学講師の待遇は低い

hands-462298_1280
日本でも塾講師業界はブラックです。
日本語講師の給与待遇は塾講師より低く、日本人でもフィリピンでは月給13000ペソ(約3万円)だったりします。
殆どの日本語講師はボランティア活動の延長のような感覚です。

フィリピンにおける普通の語学講師の待遇はフィリピンの平均と同じか学校によってはそれよりいい所もあるが、
海外に出かけて質の高いESL養成コースには通えません。

フィリピン人の所得格差=英語力格差

poverty-96293_1920
フィリピンは所得格差の激しい国です。
そして英語力が所得に比例してます。

富裕層は家庭でも英語しか使わない場合が多いので英語は上手ですが語学講師ではなく
弁護士、銀行家、エンジニア、マネージャー、オーナーになります。
留学生があまり交わることのない世界にいます。

研修してたら教える前に短期雇用が終わる

中学1年の英文法ですら、知らないフィリピン人が多いです。
ということは中学3年間分 + 高校3年間分=6年間分の英語を見直す必要があります。
ということは研修だけで3ヶ月~6か月はかかります。

もし本気の研修をすれば講師は生徒に教えることなく給料だけもらい
研修してもらった英語力を活用し私立公立の学校で職を得るかコールセンター、または海外で働きます。
これはもはやビジネスではなくチャリティーになります。

マンツーマン授業が主体だから現実無理

Gon6
例えば欧米留学のように1クラス15人前後のグループクラスが10教室で講師が10人だったとします。
生徒は150人前後に対して講師は10人で足ります。

フィリピン留学だとマンツーマン授業なので生徒が15人の時は講師は15人必要です。
夏休みや春休みのピークに150人生徒がくれば講師は150人必要です。
しかしピークがすぎて生徒が1か月後に100人帰国してしまうと学校は働いていない講師100人を抱える事になります。

それでは学校は潰れてしまうので学校は講師を解雇します。
ところがフィリピンでは正規社員を会社の事情で解雇することは禁止されています。

なので語学学校ができることはマンツーマン授業の講師は2~3ヶ月の短期契約=バイトを雇います。
8月に生徒が100人増えるとわかれば1ヶ月前に100人雇います(実際は100人以下です。生徒全員が毎日8時間の授業をとることはないので)。
2~3か月後に雇わないと決まっている人達に学校がお金を払ってまで長期の研修はできません。

だいたいは
「韓国や日本人は時間にうるさいからキッチリ時間守ってね」
「生徒にお金を借りない様に」
「生徒と外出は禁止」
「授業計画は立ててね」
「これうちで使ってる教科書だから」

など文化研修や概念的なことをちょろちょろっとして教科書をドサッと渡すだけです。

そこは理解してフィリピン留学を活用する

field-328962_1280

フィリピン留学は安くマンツーマン授業が受けれるのが売りです。
フィリピン人講師に西洋人講師の質や研修を求める方は、まず欧米留学されることをお薦め致します。

フィリピン留学の長所

  • 欧米人より話しやすい&質問しやすい

欧米人が相手だとわからなくてもわかったふりしてしまう。
フィリピン人だと遠慮せずわかるまで何回もきける。

  • フィリピン人はみんな優しくて暇がある

欧米人は皆忙しいので、英語できない人と話す暇がない。
フィリピン人は英語できない人と喜んで話してくれる。

  • 聞き取りやすい英語

フィリピン人の英語は聞き取りやすいので世界1のコールセンター大国。
欧米でも田舎だと訛りが強くてネイティブでもききとれない。
初心者には難しすぎる。

  • 日本人は文法できても話せない、まずは英語で喋るということに慣れること。

フィリピン人の間違い探しをして学びとろうとしない、活用しようとしない考えは成長を妨げます。
フィリピン留学後大活躍されてる方々は、フィリピンに、フィリピン人に、メソッドに多大な感謝をされています。

  • フィリピンで起こる不便に対応する柔軟な心と工夫の頭、生きる力を増幅させること。

フィリピンだけでなく、イギリスをはじめヨーロッパ、NY、カナダ、オーストラリアにもハプニングはあります。
日本人が弱すぎる(または便利過ぎる)と海外に住むとわかります。

ではストーリーシェアの対策は?

  • だから超少人数限定の学校

1つの校舎に最大でも生徒は15人~25名しか預かりません。
(その中には住み込みのフィリピン人英語講師も入っています)
生徒が一気に増減しないので安定します。

  • 短期雇用なし

優秀な先生に育てたいので3ヶ月のバイトは雇いません。

  • メソッドで統一

メソッドが統一されているので、誰でも教える事ができる。
ある一定水準まで確実に上達する。
先生によるバラつきが最小限になる

  • きめ細かい研修

➀文法➁発音⓷教授法など講師の教え方、研修方法をダイレクトメソッドを使える私がチェックしています。

先程の動画の先生も、もし辞めずに継続すれば半年後、1年後には良い先生になります。
継続して動画をアップし、先生の成長をおみせしたいと思います。
問題は先生が研修途中でギブアップしてしまうことです。
宿題も出すので先生によっては嫌がります。

まとめ

ちなみに今回の動画は発音と文法についてでした。
発音と文法は研修しやすい部分なので、
本当はレベルが低すぎて何の自慢(宣伝)
にもなりません。

最低限で初歩の初歩の事です。

一番難しく、そして大切なのは教授法です。
ああ、メソッドをやりこみたい。

 

無料お見積り・お問い合わせ

ストーリーシェアは口コミNo.1!

ストーリーシェア独自の「CLメソッド」で
本当に身になる語学留学を!
まずはお気軽にお問い合わせください。

オンライン授業はこちらから!

ストーリーシェアでは対面の授業に加えて
オンライン授業も提供しております。
ご自宅からお手軽に授業を受けられます!

ABOUTこの記事をかいた人

KoyamaYohei

フィリピン留学をバギオ、セブとダバオの3校でした後、オーストラリアへ2年間仕事をする。多くのフィリピン留学経験者を見ていて、語学学校の違いで英語の上達度が違うことに気が付く。数多くのイベントを日本国内国外問わず手掛け、ニュースメディアのQeticとイケてるセブの最新情報発信するササセブのコラムライター。自らを「世界中の情報を発信し続けるハイパーコラムニストバックパッカー」と呼んでいる。