• 全生徒の70%が口コミ経由、英語を上達させる事を追求していたら学校になりました。

セブ留学で大成功!語学学校2校(日本人経営)女性デザイナーの体験談

今回はセブの2つの日本人経営の語学学校でフィリピン・セブ留学を3か月間経験した20代女性にストーリーシェアとの違いを聞いてみました。語学メソッドやEOPルールのなかった他の学校とストーリーシェアでの違いを分かりやすく、説明してもらいました。
わざわざ元旦にインタビューに答えてもらい、ほんとにありがとうございました。

同じフィリピン留学、同じ日本人経営、同じ種類の授業でも、メソッドで内容が違ったという経験をシェアしていただけた動画。
(記事の後半にはフィリピン留学成功の秘訣や留学後の人生の進路の5分間動画もあります。)

名前:Maikaさん
職業:デザイナー
留学期間:3か月間セブの日本人経営の学校→1週間ストーリーシェア
校舎:セブ日本語禁止校舎
1日の授業数:一日8時間コース(マンツーマン授業6時間+無料グループクラス2時間)
留学時の英語レベル:初心者

留学後の英語レベル:初中級者

Maikaさんのセブ留学のストーリーシェア

ーー他の学校の生徒さんの雰囲気はどうでしたか
日本人同士で固まっていたり、授業が終わったらすぐ机に向かい、予習復習していたリする人はたくさんいましたね。

普通の語学学校で良かったこと・ストーリーシェアとの違い


 
 
ーー他の学校(フィリピン留学)ではフィリピン人の先生とたくさん喋れてよかったんじゃないですか
 
そうですね。他の学校では、先生と仲良くなれたことがよかったと思います。
ーーむしろ授業よりもそっちの方が勉強になったりするのでは?
 
そうですね。なんかむしろ仲良くなりすぎて授業で話す内容も授業外で話す内容も変わらなくなっちゃった時期とかもありました(笑)

前の日本人経営の学校とストーリーシェアを比べて、一番の大きな違いは”授業中の生徒のしゃべる量”で圧倒的にストーリーシェアの方が多いなと思いました。

 
前の学校のマンツーマン授業は生徒は先生の質問に答えて終わりだけど、ストーリーシェアの授業はスイッチして逆に生徒が質問しないといけないので身につくまで何度も話す練習になりました。
前の学校では、授業中先生に対して相づちをしていたら授業が終わってたみたいなことも時々あったりしたんですけど、ストーリーシェアではそれがなくて”生徒がどんどん喋る・喋る・喋る”みたいなやり方だったのがすごく良かったなと思います。
 
ーー先生と仲良くなることもすごく大事なんだけど、授業もフリートークばかりになっちゃうと変わらなくなるもんね。メリハリが大事!

フィリピン留学プロの解説)
 
フィリピン留学の良いとこ)
自分の休憩時間を忘れて生徒と話す というのは欧米留学ではありえません。
まずは英語はアウトプットが大事なので初めての英語留学ではフィリピン留学が
絶対的に日本人には効果があります。
 
フィリピン留学で注意するとこ)
ただ授業中もマンツーマンレッスンといいつつ、実はただのお喋りになっていることがフィリピン留学は多いです。この点に満足できるか、できないかは生徒の性格や英語学習の目的によって変わります。最短で英語力を伸ばしたい方は学校選びに注意が必要です。楽しいだけでいいのか、スパルタといいつつ机に向かって自己学習中心がいいのか、授業でトレーニングをしたいのか? 基礎の次のビジネスレベルの英語を学びたいのか? などを考えて学校を選びましょう。 よくわからない人にはあなたにあったオススメの学校を無料でご紹介します。お気軽にご相談ください。

食事面について

ーー食事は他の学校の方が美味しかったんじゃないですか?
いや、私ストーリーシェアの方が全然美味しかったです!!
 
ーーまじで?(笑)
あたし、びっくりしました。ストーリーシェア美味しすぎてびっくりしました。
 
ーーうそぉ~?(笑)(笑)
私、前の学校の食事が嫌いで。。。けっこう食べれなくはないけど、美味しくはないよね。って日本人の生徒はみんな言ってました(笑)
 
食事面に力を入れているのは、わかるんですが味付けが全体的に濃くって。。。雑なんですよね味付けが。でもストーリーシェアに行った時に美味しい!と思ってびっくりしました。
 
※フィリピン留学では最近どこの学校も食事・味付けには力を入れていますが、やはり日本と比べると美味しくないです。幸いにもストーリーシェアの味付けは、日本人に合うようで多くの生徒様から美味しいと言っていただいています。ただあまり期待を高くしてハードルをあげないでください。

 

授業を受ける場所の違いについて

前の学校では、授業はすべて完全な個別の部屋だったのでそれに慣れた状態で来て、でもストーリーシェアでは同じ空間で勉強するじゃないですか。だから一瞬気を抜くと、先生の声聞こえなくなっちゃうみたいな。なので最初の初日とかは、困惑しつつもより先生の声に意識して授業を受けましたね。
 
ーーあーなるほどね。キュービックルーム(完全個室)で完全に遮断された所とオープンスペースでいろんな声・雑音の中でやる違いね。

ストーリーシェアの一番好きだった授業について

ストーリーシェアのリスニングの授業が一番好きでした。
ーーシラブル&IPAシンボルですね。
 
そうですね。ニュースをゆっくり聞いて、自分の言った回答をその場で先生が書いてくれました。ストーリーシェアのリスニングの授業が前の学校の授業も含めて、1位か2位に入るくらい好きでした。
 
その場で聞いて、その場で先生が自分の回答を書いてくれて最終的に聞き取れる所までいくので、自分がどうやってミスをしたのかどのタイミングで聞き取れたのか目で見て分かるので、リスニングやってる実感がありました。

前の学校でもリスニングクラスを取っていたんですけど、いまいち伸びを感じられなくて。でもストーリーシェアのリスニング授業はやり方が全然違ったので、これだったら楽しいなと思いました。

ーーなんか普通の学校ってCDプレイヤーか何かの音源流して終わりじゃないですか。
そうですね。音源流してわからなければ何度も聞いて、こう言っているんだよって先生が教えてくれて終わりですね。でもストーリーシェアのリスニング授業はただ音源を流すだけじゃなく、聞き取れない音を遅くして再生し、聞き取れるまで繰り返すので良かったです。
 
あとはリスニング授業以外に発音の授業を取っていて、その発音の授業内で発音のルールも教えてもらってたので聞き取り方みたいなコツがわかってそれがリスニングの授業では有効的でした。

授業と授業が繋がっていなくてもったいない
 
フィリピン留学は格安でマンツーマン授業が受けられるのがいいところですが、実際の授業は「ただ英語が話せる人と教科書をネタに話しているだけ」になっていることが残念なところです。外国人と話せるだけで嬉しい!という方には喜ばれますが、英語力はあまり伸びません。

ということで強制的に勉強時間を長くして、宿題、テストの連続にすればもっと英語が伸びるだろうということでスパルタ式の学校がフィリピンに誕生しました。

しかし、もったいないことに勉強時間が長いだけで、授業と授業の繋がりが薄く、机に向かった勉強が苦手な生徒や30代以上の生徒はオーバーロードになるだけで失敗します。

多くのことをバラバラに勉強して無駄にするのではなく、同じことを角度や時間、教材を変えて何度も練習、実践ができるようにストーリーシェアではリンクさせています。

これは1週間しか体験していないアイカさんでも、他校を経験されているからこそ、違いがよくわかっていただけました。

スピーキング力向上に役立ったライティング

 
あとは他の学校で取っていたライティングの授業はすごい役に立ちました。
ライティングの授業も自分の目で間違えたところを見てそれをその場で直してくれるので。
 
グラマー(文法)の授業とかだと、一通り例文をやって定着しないままそれで終わりみたいな感じだけど、ライティングの授業だとグラマー(文法)も含めて、自分の言葉で直してくれるので分かりやすかったです。
 
ーーライティングいいよね。
ライティングすごくいいです。
 
ーーあのーおっしゃる通り、目で一回冷静になって確認できるって良いですよね。

ライティングの授業は意外にスピーキングを効率的に伸ばしてくれる

スピーキングを伸ばしたいからスピーキングのクラスばかりをとる、ライティングをとらないというのは学習アドバイスのできる人がいない証拠です。

先ほど述べたフィリピン留学(日本の英会話教室もそうですが)のマンツーマンレッスンはただのお喋りになり自己学習をしないと英語が伸びないというのは先ほど申し上げましたが、ライティングは紙に書く際にしっかり考えることができる、書いたあとが残り、目でみて再確認(再認識)ができる。
というメリットがあります。

この方法であればどの学校に通っていても自分でできるのでフィリピン留学をされる方は是非参考にしてください。

しかしだからといって全員がライティングのクラスをとればいいか?というとそうではありません。
ライティングのクラスをとるある程度の英語力があるかどうか、どんな内容を書くか、ということもとても大切です。

フィリピン人講師は難しいことをさせれば英語が伸びると勘違いしている人が多いので、
英語が苦手な生徒がそういう教え方をする先生にあうと失敗するので、自分で英語が苦手だと
思われる方は、絶対にプロの語学講師に相談してください。英語を教えることができないただの留学経験者に相談すると誤診される可能性があります。

ーーフィリピンならではのおススメの自己学習法

 
あのー私、前の学校で日記を毎日書かされていたんですよ。
それで次の日、授業が始まる前に必ず先生が「How are you?今日の調子はどうですか」って聞いてくるので日記に書いたことを毎時間、違う先生に繰り返し話す。
 
そうすると、ライティングで書いたことを自分の言葉でも言えて、最終的に自分に身につき、言えるようになりました。これは自分の中でも好きな勉強法でしたね。
 
ーーいやーそれはすごくいいですよ。ストーリーシェアの日記メソッドに似ています。
※書いた内容を修正した後、口にする、誰かに伝えることは効率良く、スピーキング力を向上させます。

サークルランニングメソッドについて


サークルランニングメソッド(CL)授業では、先生にフィリピンてなんでこうなの?これってフィリピンで普通なの?みたいなことを性格的によく聞いていましたね。その質問の中で、授業内で学ぶトピックを使うことで自分の言葉にもなるし、記憶もするし良かったですね。
 
ーーあーそれはサークルラーニングメソッドのいい使い方ですね。そういう生徒さんは伸びるのが早いですよ
※インプレットするフレーズに自分の言いたいことを入れると早く習得できます。

英語上達に役立ったフィリピン留学活用法


前の学校に滞在していた時に、よくフィリピン人の先生に相談とかしていましたね。
 
ーー何を相談していたの?
ちょっと内面的な相談やほんとに個人的な相談していましたね(笑)それで私は日記でも書いていて、相談すると当然答えを知りたいし、それを英語で自分のことを伝えたいと思うし、かつ先生との距離も近くなるので一石二鳥だと思いました。
 
ーー確かにフィリピン人の先生相談されると喜ぶもんね。欧米の先生だと休憩時間に相談したら、怒るからね(笑)
あー本当ですか。なんか私先生と喋りすぎて休憩時間を過ぎて、授業が始まっても止まらなかったことがあって(笑)喋りすぎって怒られました。
 
ーーほんと。一歩間違えると嫌な生徒だね(笑)
あはは。そうですね(笑)
 
ーーでも先生に可愛がられていたと思うから、だから嫌じゃなかったと思うよ。

他国籍の生徒がいる学校を選ぶ方は注意!!
 
フィリピン人の先生に英語で相談は一石二鳥です。どんどん話しかけましょう。
よく生徒の国籍を気にして学校を決める方や生徒の国籍が多様な学校をすすめる留学エージェントの方がいます。
 
そういった方は往々にして欧米留学をされたことがありません。
私は英米留学もしましたし、フィリピン留学では日本人が一人もいない学校に通っていました。
しかしフィリピン留学では生徒とはほとんど友達は作らず、フィリピン人の先生や欧米人と友達を作って話しまくっていました。
 
それぞれの国籍に人はグループにわかれて母国語を話しているので、
輪の中に入っても英語の学習にはなりません。
その時間を私は自己学習に費やしたり、合いた時間は英語の上手なフィリピン人、地元のフィリピン人とフィリピンの体験をしたかったのです。(アジア諸国が嫌いなわけではありません。)

ーーストーリーシェアのEOP(学校の中も外も日本語禁止ルール)について

ーーEOPはどうでしたか。
最初は他の生徒さんと英語で意思疎通できるかなって不安だったんですけど、いざやってしまえば怖いとかなくって。楽しんでやってました。なんか日本語じゃないからこんなに喋れるんだなって思うことがありました。
 
ーーあっ逆に?
逆にです(笑)そうですね。日本語だとしたら喋らなくてもいいやと思っちゃうようなことも、英語だから色々喋ってみようと思いました。

※授業外も全て英語を練習する時間になるのが、EOPの良い所です。ただ先ほども解説で書いたようにたくさんフィリピン人と話しをしましょう。ただ母国語を聞かない、話さないということだけでも日本語脳にさせないのでとても効果があります。

虫について

ーー虫とかはいましたか?
あー。いっぱいいましたね。ストーリーシェアはあまりいませんでしたけど、前の学校だと蟻がたくさんいましたね。お菓子を部屋の中で食べると、ウジャウジャ湧いたりして危険です(笑)
 
ーー学校によって虫の出る頻度は違う?
違いますね。部屋によっても違いましたし、私があまり虫に対して嫌悪感ないってのもありましたけど。ゴキブリとかはあまり見ませんでした。
 
※お菓子は部屋の中で食べないように!

 

フィリピン留学を成功させる秘密(お得な活用法)

フィリピン人の友達を作って、英語を上達させる秘訣について

 
ーーどうやったらフィリピン人と友達になれるんですか?
自分は現地の言葉を覚えたりして、仲良くなってましたね。
私はタクシーのドライバーやガードマンなんかに「オケラカ」
(※元気ですかという意味。セブ島などの南の島のみ通じて、マニラやバギオなどでは通じません)って話しかけると、一気に心を開いてくれて、魔法の言葉だなって思いました。セブ島では「オケラカ」だけで仲良くなれます(笑)
 
一番仲良くなった子でいうと、ダイビングショップへ泊まった時に、たまたま長く話すことがあってその後、みんなとフェイスブックなんか交換してやりとりしていましたね。その後も何度かご飯一緒に行ったりして。
 
ーー英語の上達にも役立った?
あー。役立ったと思います。こういう時なんて言うんだろうとか授業とかで使わないような友達同士で使う表現とかにも疑問も持てたのは良かったと思います。

「相談する」以外におすすめな英語上達方法

ーー「相談する」以外におすすめの英語上達方法はありますか?
現地の人と一緒にご飯を食べに行くことです。
 
ーーえっ、ご飯をどうやって誘ったんですか?
普通に日本人の友達みたいに「近くにハンバーガー屋できたらしいよ。えっ、いこいこー!」みたいな感じですね(笑)
 
ーーちなみにそういう時は奢るんですか?
こっちが誘ったら奢りますけど、向こうからなら奢ってもらったりしていました。
 
ーーでもそのお金でずっとフリートークで英会話できるからいいよね
なのでいっぱいご飯行きましたね。ご飯行くの楽しいし、英語伸びるし、良かったですね。
 
ーー学校によってはそういうの禁止しているところもあるからね
そうですね。前の学校は先生と二人きりじゃなければよかったので。(学校によります)
前の学校での最後の一ヶ月なんかは、ほぼほぼ毎日先生とかと出掛けていましたね。

留学中、困ったなと思った事について

 
ーー留学中、困ったなと思った事なんかはありましたか。
他の学校の細かい話になっちゃうんですけど、クリーニングサービスがよくなかったですね(笑)洗濯物が水が汚いのか何なのかわからないですけど、汚れが落ちなかったりとか、逆に汚れて返ってくるとか多々ありましたね。それは嫌でした。
 
ーーでもクリーニングサービスついてるだけいいね。ストーリーシェアないからね。
あっそうですね。ストーリーシェアでは自分で手洗いしてました。
 
ーー自分で洗った?クリーニング屋さんじゃなくて?めんどくさくない?
結構みんな手洗いしていましたよ。そんなめんどくさくないですし。
 
ーー3ヶ月とちょっと、フィリピン留学で柔軟に対応されたって感じですかね。
そうですね。もう耐えられなくて日本帰りたいと思うことも一回もなかったですし。
 
ーー日本食恋しくなったとかない?
日本食は恋しくなります。でも結構前の学校ではたくさんの日本人生徒さんが日本帰りたいって言ってましたけど、自分は一回もなくて。逆に留学後半は先生に日本帰りたくないって言ってましたね。
※フィリピンのクリーニングは安いので、たまに洋服がなくなったり、知らない洋服が増えていたり、色落ちしたり、色が移ったり、洗剤が落ちきれていなかったなどいろいろな可能性があります。ですがフィリピンの柔軟剤の香りが好きな日本人もいます。

フィリピン留学後の進路について

ーーちなみにこれからどうするんですか。
フィリピンに来て少し考え方が少し変わって、発展途上国の人をサポートするような仕事に就きたいなと思っていて、かつデザイナーとしてですね。
 
というのも前の会社で働いていた時に某NGO団体の制作物一式を作っている時に発展途上国については知っていたんですけど、フィリピンに来て自分の目でその現状を知った時に、より近くで彼らの支援をしたいなと思って。セブなんかで働くのもありかなって思ってます。
 
なのでもう一回お金を貯めて発展途上国を旅したいなって。また近々セブに戻ってきたいなって思います。

Maikaさん、元旦にインタビューのご協力ありがとうございました。

関連する記事:

    関連する記事はありません

The following two tabs change content below.
松本 文夫

松本 文夫

大学卒業後、予備校で5年間勤務。人気指導員として最年少課長に昇進。 その後俳優を目指しながらイギリス、アメリカ留学の経験を経て、フィリピン留学に辿り着く。 ベルリッツでのカリスマ日本語ネイティブ講師として活躍後、さらに質の高い語学メソッドを構築し、現在のサイクルラーニングメソッド、リンキングシステムを開発。学校成長と共に、ソーシャルエンタープライズに近い形で社会貢献の志と個人の夢、生きる幸せをバランスよく保てるライフスタイルを実践、提供できるようになりたいと願う。 41歳からバイオリンもはじめました。  資格:乗馬障害2級  エコビレッジデザインコース   
@ssistaff
全国書店&アマゾンでDVD発売中!
@StoryShareIncさんのツイート

メディア実績

フィリピン政府認定校