人気テレビ番組クレージージャーニーの丸山ゴンザレス、2回目のセブ島留学

学校到着後すぐにBBQを食べるゴンザレスさんの画像

ダウンタウンのまっちゃんが司会の人気テレビ番組クレージージャーニーで人気急上昇中のジャーナリスト丸山ゴンザレスさが現在セブ島(フィリピン)に2度目の英語留学をしている。(2016年3月現在。テレビの取材が決まっているため10日間の超短期留学。どんな留学をしているのか追ってみた。

学校到着後すぐにBBQを食べるゴンザレスさんの画像

到着日の日曜:学校外も日本語禁止。素早く上達させるゴンザレスさん

まず到着後、LCCで機内食のないままセブに到着(4時間半)で空腹のため、夕食として語学学校近くのローカルの有名なBBQレストランにいく。
ここでイカの丸焼き、豚のバーベキュー、海藻サラダ、そして飲み物はもちろんフィリピン名物サンミゲールに大喜び。

まずは食べ物の名前、イカ=Squidスクイッド を英語で覚えて興奮する。

What’s this in English? これ(イカ指さして)なんていうの英語で?

It’s squid. スクイッドです

Ohhh おお~

Squid, squid, squid とごにょごにょ繰り返すゴンザレスさん。

さすがストーリーシェアの完全EOP(日本語禁止)を最大現に利用して日常から英語を貪欲に吸収している。

しかし1時間後にはまた忘れるゴンザレスさん。

What’s this again? あれなんていったっけ?

It’s squid. イカです。

Ohhh It’s squid, It’s squid, It’s squid

と繰り返す。

ストーリーシェアの繰り返しのメソッドのようにSquidを繰り返すゴンザレスさん。
本能で繰り返し口にすることの大切さを知っている。(皆さんもゴンザレスさんの真似しましょう。楽しいし、上達が早まりますよ)

仕事の話も日本語なし!

ここでも今後日本で展開される仕事の話もするが、なんと日本語一切なし。
しかし思ったように言いたい事がいえない状態です。(ここ大事。絶対あきらめない。この不自由が英語を伸ばします)

レベルチェック試験

そして翌日

レベルチェック試験を受けるゴンザレスさん

2回目の留学だからもっとできるかと本人は思ったか思ってないかわからないが、とにかく態度は積極性がめちゃくちゃあり、
なにか口に出そうとする画像

インテリな感じで考え込むゴンザレスさんの画像

冷静に落ち着いて英語を理解して答えようと知的に考え込むゴンザレスさん。

しかし答えはでてこない。

ファイターのように鼻をこするゴンザレスさんの画像

単語しかでてこない、しかも答えと違う。先生の質問を聞き間違える。

「くそ~~~」

格闘家の本能がでたのか、鼻を親指でかすめるゴンザレスさん。

マンツーマン授業で特訓

ゴンザレスさんマンツーマン授業の画像
レベルをみるテストのあと早速マンツーマン授業を受ける。
ここでサイクルラーニングメソッドでとにかく濃密に鍛える。正しい英文を話させる、話させる。
会話で必要な基礎を徹底的に練習する。

授業の後に初日の感想をきいてみた

うん、あのー、日本語で考える脳みそがだんだん英語脳にスイッチが切り替わってきました。
すごい疲れます。
あのー、脳みそがほんと疲れます。
でも体の方はめちゃ健康で元気です(笑)。

(この会話も全部英語で答えてくれてます)

ゴンザレスさんセブ島留学日本語一切なし生活初日のまとめ

10日間しかいないが、次の取材を成功させるために英語が必須。
自分で通訳を通さないで取材したほうがよい取材ができるとプロ魂。

絶対成果を出すためには日本語を24時間学校の中も外も捨て去る、全て英語環境が欲しかったため、
ストーリーシェアの英語漬け校舎を選択したゴンザレスさん。
意気込みが感じられます。

学校到着後すぐにBBQを食べるゴンザレスさんの画像

ストーリーシェアは口コミNo.1!

ストーリーシェア独自の「CLメソッド」で
本当に身になる語学留学を!
まずはお気軽にお問い合わせください。

オンライン授業はこちらから!

ストーリーシェアでは対面の授業に加えて
オンライン授業も提供しております。
ご自宅からお手軽に授業を受けられます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

松本 文夫

大学卒業後、予備校で5年間勤務。人気指導員として最年少課長に昇進。 その後俳優を目指しながらイギリス、アメリカ留学の経験を経て、フィリピン留学に辿り着く。 ベルリッツでのカリスマ日本語ネイティブ講師として活躍後、さらに質の高い語学メソッドを構築し、現在のサイクルラーニングメソッド、リンキングシステムを開発。学校成長と共に、ソーシャルエンタープライズに近い形で社会貢献の志と個人の夢、生きる幸せをバランスよく保てるライフスタイルを実践、提供できるようになりたいと願う。 41歳からバイオリンもはじめました。  資格:乗馬障害2級  エコビレッジデザインコース