6週間留学で185点アップ TOEIC620点⇒805点

約6週間を留学を経験したTakaさんは、TOEICのスコアを620点から805点まで185点UPしました。
1801041_353784648093238_345404899_n
名前 : Takaさん
職業、年齢 : 大学新卒、20代
留学期間 : 6週間
開始時の英語力 : TOEIC620点⇒805点 185点アップ↑

ストーリーシェアへ留学することになった経緯

私はネットでフィリピン留学の学校を調べたり、友達が韓国系の学校に行っていたのですが
多くの人が韓国系学校は1か月を超えたあたりから環境的に厳しくなってくるという情報をみました。 また毎日長時間で勉強するっていっても、一体どうやって勉強してるのか?というのが気になったんです。
メソッドもなしにただマンツーマン授業を受けていてもダメだろうなって考えていたので。 ストーリーシェアは動画で授業の内容もみせていますし、メソッドの説明がしっかりしていたので
ここがいいんじゃないかなと思ってストーリーシェアを選びました。

最初サイドバイサイドを見た時簡単だろうとなめてたけど、全く答えられなかった

最初簡単だとなめてたんですけど、サイドバイサイドのリーディングパートで、ボロボロだったんです。
質問文を作ってみてとかもいわれたんですが全く作れませんでした。
だからすぐにこれは大切だなと感じ、気持ちを入れ替えました。 実際ストーリーシェアで繰り返しのメソッドでサイドバイサイドをやってみて、
英語が染みこんでくるのがわかってきました。

サイクルラーニングメソッドは期待どおり

大学受験時に勉強したので、さすがに最初の最初は先生にも褒められてたんですが、
8ページ目くらいでだんだん知らない単語もでてきたり、
受験英語とは違った英語を学べた。 英語はもともと好きでなかったんですが、サイクルラーニングメソッドは全然苦にならなかったです。
今まで考えもしなかった着眼点で先生に教えられたので、そうか、そういえばなんでそうなるんだろうという
ような疑問もあらたにもてて楽しかったです。

発音

サイクルラーニングメソッドのクラスをもっと進めたかったのですが、TOEICや他の授業もとりました。
ソフトDの音になることなど、音の聞こえ方を教えてもらい、映画や歌を聞いていてもそれがわかるようになりました。

TOEICクラスは日本人に教えてもらうより効果的?

DSC_8724

日本語で学んだ方がTOEICは点数が伸びると思っていたんですが、
英語で教えてもらって、日本語ではない表現があるので、英語で学んだこそ学べたものもあってよかったなと思いました。

人生で一番頭がよい時期でTOEICは620点だった

大学に入学してすぐにTOEICを学校で受けさせられたんです。 大学入学時ということは、一番頭がよかった時ですね? はい(笑)
間違いなく今よりも単語も覚えていましたね。でもTOEICは620点でした。 英語で英語を教わっていたせいか、リスニングが440点とれました。

フィリピン留学から帰って論文作成語にTOEICを受けたのに805点

日本に帰ってすぐにTOEICを受けてたらもっととれたんじゃないですか? そこなんですよね(笑) 大学の卒論やってたらせっかくの英語脳になってたのが、日本語脳にもどっちゃいますもんね。もったいない。

食事は飽きなかった

カフェアンジェロフード

食事はどうでしたか? SMにいけば色んなレストランもあるし、全然飽きなかったですね。

バギオの雨季は(8月~9月)

カビが生えるとか、鬱病になるという噂がありますが、どうですか? いや、雨は確かに多かったですけど、部屋にカビも生えなかったですし
鬱病にもならないですし(笑)、たまに晴れるんで晴れの有難味がわかりました。

マニラでタクシー運転手に囲まれた

正規のタクシーでないタクシーに乗ってしまったらしく、

インタビュー音声

生徒とのインタビュー動画です。
記事の最後に動画を掲載してください。

LINE@留学相談
受付中!

LINE@からストーリーシェアの
お問い合わせ担当者へ
無料で留学相談していただけます!
些細な疑問でも
気兼ねなくご相談ください!
Add friend

オンライン授業は
こちらから!

ストーリーシェアでは
対面の授業に加えて
オンライン授業も提供しています。
ご自宅からお手軽に
授業を受けられます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

松本 文夫

大学卒業後、予備校で5年間勤務。人気指導員として最年少課長に昇進。 その後俳優を目指しながらイギリス、アメリカ留学の経験を経て、フィリピン留学に辿り着く。 ベルリッツでのカリスマ日本語ネイティブ講師として活躍後、さらに質の高い語学メソッドを構築し、現在のサイクルラーニングメソッド、リンキングシステムを開発。学校成長と共に、ソーシャルエンタープライズに近い形で社会貢献の志と個人の夢、生きる幸せをバランスよく保てるライフスタイルを実践、提供できるようになりたいと願う。 41歳からバイオリンもはじめました。  資格:乗馬障害2級  エコビレッジデザインコース