フィリピンの空港で携帯のSIMカードが買える!?

皆さんは、フィリピンの空港で携帯のSIMカードが買えることをご存知ですか?
フィリピンへ留学で行く際も、旅行で行く際も、いまの時代インターネットが使えないと何かと不便ですよね。

今回は、気になるフィリピンの通信事情を徹底解剖!
皆さんのフィリピン滞在が素敵なものになるよう、快適に過ごす方法をご紹介します!

目次はこちら!

1. そもそもSIMフリーとは?
2. SIMカードをフィリピンの空港で買う方法とは
3. プランや毎月の支払いについて
4. まとめ

では、いってみましょう!

1. そもそもSIMフリーとは?

「SIMフリー」とは、自分の携帯のキャリアに関係なく、どの通信業者の電波も利用できる状態のことです。皆さんが普段お使いになっているのはSoftbankやdocomo、auなどといった大手キャリアと呼ばれる携帯です。

これまでは、自分が契約した会社の通信電波しか利用できなかったんです。
Softbankの携帯を使っているならSoftbankの電波、docomoの携帯を使っているならdocomoの電波・・・という具合です。

Softbankやdocomoは日本の会社なので、当然フィリピンにはありません。
だから海外では日本の携帯で現地の電波を使うことができないのです。
この状態を「SIMロック」と言います。

それが変わったのはちょうど今から3年前!
2015年5月より携帯電話やスマートフォンのSIMロック解除(SIMフリー化)が義務化されたのです。
これにより様々な格安SIM業者が登場し、SoftBankやdocomoから必要に応じてそれ以外の通信会社に乗り換えることが簡単にできるようになったのです!
この、SIMロックとSIMフリーは対にある関係ということですね。

さて、ここで注意点!
お手元の携帯がSIMフリーの携帯もしくは既にSIMロック解除されているかご確認ください。
もしもまだSIMロック解除されていない場合は、フィリピンへ行く前にSIMロックの解除をしておく必要があります。
それぞれのキャリアのホームページで対応機種と手続きが記載されているので、ご確認ください↓

Softbankをご利用の方はこちら
docomoをご利用の方はこちら
auをご利用の方はこちら

2. SIMカードをフィリピンの空港で買う方法とは

SIMカードはフィリピンの空港で買えます。
到着口を降りてすぐ、GlobeもしくはSmartという看板が出ているので、そこに向かいましょう!

このGlobeとSmartはフィリピンの2大通信事業社。
フィリピン人もしくはフィリピンで働く日本人のほとんどが利用しています。
これらはショッピングモール内のサイバーゾーン(パソコンやケータイなどを売っているエリア。だいたいどのモールでも3階に位置しています)にもあるので、空港で買いそびれても大丈夫です。

でも、空港からホテルに向かう最中や、着いてからレストランや買い物に行く際などすぐにインターネットを使える環境にあった方がいいですよね。
空港では下記のようなブースが目立つ位置にありますので、すぐ見つかると思います!

空港にあるブースですと、店員さんが直接SIMカードの入れ替えをしてくれます。
SIMカードは携帯電話の内部(iPhoneですと左側面)に入っていて、これを現地のものに交換することで現地の通信電波を利用することができます。
これができるかどうかが、SIMフリーかどうかの違いになります。
(SIMフリー化していないと、物理的にはカードの交換はできますが現地電波を利用することができず、結局圏外のままになります。)

SIMカード交換後は、日本でこれまで使っていた電話番号は使えなくなります。
その代わりフィリピンで購入したSIMカードの新しい番号が自分の番号となります。

そして、いくらかの金額をその携帯にロードして使用することになります。
ロードの方法には、いくつかあります。下記にて紹介します!

●プリペイドカードを購入する

プリペイドカードの購入はコンビニや、ショッピングモールの一角にあるブース、サイバーゾーンなどでできます。100ペソ、300ペソ、500ペソ単位で用意されており、カードを入手したら裏のスクラッチ部分を削ります。
Smartの場合はその電話で、”1510″と入れた後にスクラッチ部分の数字を入力して電話をすると、自動音声で、Your successfully〜.と流れます。この音声が聞こえればロード完了となります。

●ロード端末でロードする

ガソリンスタンドに併設されているコンビニやセブンイレブンなど多くの場所に、写真のようなロード端末が置いてあります。

電話番号を入れ、ロードする金額を入力、適切なお金を入れるだけでロードが出来るので、非常に便利です。
一度やり方さえ覚えてしまえばこの方法がもっとも簡単で、且つ街の至る所でできるので便利だと思います。

ただし!この端末はなんとお釣りがもらえません・・・。
ロードしたい金額よりも多くの金額を入れると、その差額は返って来ずに吸い込まれてしまいます。
そのためお釣りが出ないようぴったりの金額を支払うように気をつけてください。

●人から送ってもらう(店員さんにロードしてもらう)

3つ目の方法としては、同じキャリアの携帯電話を使用している他人からロードを送ってもらうことが出来ます。
例えば空港では、SIM売り場の店員さんにロードをお願いしお金を渡すと、店員さんが自分の携帯電話を取り出してロードしてくれます。

携帯電話→携帯電話のロード方法には、SMSを使います。
SMSで808宛に、「相手の携帯番号 + スペース + 100」と送るとその相手の番号に100ペソ分ロードされるようになっています!

空港ではこの方法でロードができるので、とても簡単です。
span style=”color: #4689FF;”>SIM交換からチャージまで、全部店員さんにお任せできちゃいます。

そのほかのロード方法は、その後ロードがなくなってしまい追加する際、
もしくは時間がなく空港で行えなかった時のために覚えておいていただけると幸いです!

3. プランや毎月の支払いについて

SIMフリーについてや、ロード方法はわかった上で、次に気になるのが
どんなプランがあるのか、そしてどれくらいの金額が月々かかるのかですよね。
プリペイドのSIMを買った場合、色々なプランがあります。
電話だけ、電話とテキスト(SMS)だけ、データ、などなど。
ご自身の滞在プランに合わせて、好きなプランを選べます。

留学などで長期滞在される方は、SURFMAXPLUSという995ペソ(約2200円)というものがオススメです。
こちらはSmartのものですが、1日800MBのデータ通信が可能で、30日間有効なプランです。
800MBって聞いてもいまいちわからない。。。という方もいらっしゃると思いますが、
Youtubeを一日中見る・・・などしない限りは、一日800MBで十分だと思います。

ストーリーシェアの語学学校はもちろん、フィリピンのホテルやレストランはフリーWIFIがあるところも多いので、そういった場所ではフリーWIFIを拾うといいですね!

ただし・・・注意点!
電話代はこのSURFMAXPLUSには含まれていません!
なので、通信プラン購入額以外で電話をする予定であれば、余分にチャージをしておくことをお勧めします。

4. まとめ

いかがでしたか?
今回はSIMフリーの携帯についてと、フィリピンの空港での買い方について紹介しました!
フィリピンへの留学・ご旅行を考えてはいるものの、インターネットについて不安がある方にとって
参考になる記事となれば非常に幸いです。

これからもフィリピンについてのお役立ち情報をどんどん発信していきます!
最後までお読みいただきありがとうございました!

ストーリーシェアは口コミNo.1!

ストーリーシェア独自の「CLメソッド」で
本当に身になる語学留学を!
まずはお気軽にお問い合わせください。

オンライン授業はこちらから!

ストーリーシェアでは対面の授業に加えて
オンライン授業も提供しております。
ご自宅からお手軽に授業を受けられます!

ABOUTこの記事をかいた人

TakayamaHotsumi

プロフィール情報 セブの小学校で日本語を教えつつ、フィリピンと日本の子ども同士をビデオチャット繋ぎ会話をさせる取り組み(Video Conference Club)をしている。また、その傍らゲストハウス兼語学学校のStoryshare運営スタッフとしても働いている。