フィリピンのプリペイドSIMカードで快適な留学生活を送ろう!

海外へ行く際に必ずと言っていいほど避けては通れないのが携帯事情・通信手段ですよね。もし海外でも日本同様に携帯・スマホなどが使えたらホテルやお店の検索、現地の観光情報など調べたりできて便利。だけど帰国してみたら、携帯料金が跳ね上がってる!なんてことも。そんなことがないように携帯・スマートフォンをうまく使いたい。そこで今回はフィリピンで携帯・スマートフォンを格安に快適に使用する通信手段として空港でのプリペイドSIMカード購入の仕方について紹介していきます。

そもそもプリペイドSIMカードって?

プリペイドSIMカードとは、使い切りタイプ(前払い)のSIMカードのことで「通信できるデータ容量」もしくは「通信ができる期間」が定められていて、購入したパケット容量分だけ通信できるカードのことです。メリットはSIMパッケージを購入したらすぐに使え、面倒な支払い情報の入力や解約手続きなどが必要ないということです。一方デメリットとしては、通信できるデータ容量が無くなったり、利用契約期間が過ぎてしまうと使えなくなることです。

  1. どうすればいいの?

海外へ行く際にDoCoMoやSoftbank、auといった携帯キャリアで海外専用プランに設定せずに携帯・スマートフォンを海外で利用してしまうと、携帯料金が跳ね上がってしまいます。それを避けるために一つの手段として現地のプリペイドSIMカードの購入がお勧めです。普段使っている携帯電話のSIMカードと一時的にその国のSIMカードを差し替えることで現地でも快適に利用可能です。

ですが大抵日本の携帯・スマートフォンは携帯キャリア(DoCoMo.Softbank.au)によって「SIMロック」がかかっているので、プリペイドSIMカードを挿入しても使えません。なのでプリペイドSIMカードを使って快適に過ごすには、まずSIMフリーの携帯が必要です。現在利用している携帯・スマートフォンをsimロック解除(各キャリアによって条件あり)するか、SIMフリー機種を買う事でプリペイドSIMカードを挿入して快適な日々を海外で過ごせます。フィリピンでは安いSIMフリー携帯で400ペソ(約1000円)くらいから買えることができます。

  1. フィリピンでプリペイドSIMカードはどこで購入できるの?

プリペイドSIMカードはマニラニノイアキノ国際空港で購入できます。フィリピンのSIMカード大手キャリアは
「Globe」
「SMART」
の2社です。空港から外へ出る前の扉の前にカウンターがいくつかあります。専用のショップへ行く必要がなく、空港内部のこのカウンターで購入可能です。またカウンターの案内板には日本語の案内も書かれているため比較的見つけやすいと思います。また市内でも、ショッピングモールやGlobeやSMARTの旗があるサリサリストアなどでSIMカードとプリペイドカードの購入ができます。
(サリサリストアとは、フィリピンの庶民向けのコンビニです。こちらを参照ください)

※マニラ二ノイアキノ空港ターミナル1

空港でどうやって買えるの?

①キャリアのカウンターへ行く

SIMフリーの携帯をカウンターへ持っていき、担当者にデータ通信専用のSIMカードが欲しいと伝えてください(もし通話もしたい場合はデータ通信と通話もできるSIMカードと伝えてください)。通常空港以外でSIMカードを買うと40ペソ(約100円)しますが、空港でカウンターの担当者に外国人である証拠のパスポートを提示すれば無料のSIMカードが貰えます。
※マニラノイアキノ空港ターミナル3

②次にSIMカードのプラン選択です。

具体的にどのくらいのパケット容量でどのくらいの期間使いたいか選びます。空港のカウンターでは旅行者向けのプランが購入可能です。

※上が旅行者用パック、下がプリペイドパック(通話可能)

旅行者用パック
料金        有効期間     内容
・P150(約400円)   3日     250MBまで
・P500(約1250円)   7日     1GBまで
・P1000(約2500円)  30日     5GBまで

プリペイドパック(通話可能)
料金          有効期間
・P100(約250円)     1日
無制限インターネット
・P300(約750円)     7日
無制限インターネットと通話
・P500(約1250円)     7日
無制限インターネットと通話とテキストメッセージ
・P1000(約2500円)    30日
無制限インターネットと通話とテキストメッセージ

カウンターの担当者に色々尋ねたところ、プリペイドパック(通話可能)の100ペソのパックは、在庫切れが多いとのことでした。上記を見てもらうとわかると思いますが、旅行者用のプランに通信料の制限があるのに対し、プリペイドパック(通話可能)の方には同料金で通信料の制限はありません。担当者に違いを聞いても具体的な返答はありませんでした。これなら旅行者用のSIMカードをもらい、プリペイドパック(通話可能)の方を選んだ方が得ですよね。

③SIMカードの設定

プランを選んだらカウンターの担当者が設定をしてくれます。本来ならば購入したSIMカードに購入したプリペイド分を設定する作業が必要なのですが、日本人からしたら慣れない作業なので分かりませんよね。市内のショッピングモールやサリサリストアでSIMカードを買っても設定まではなかなかしてくれません。ですが空港でSIMカードを買うメリットとして、このセッティングを担当者が全てやってくれるということです。海外慣れしていない人や設定に強くない人からしたらとても有り難いです。設定が済んだら支払いして終了です。

空港以外で購入する場合

市内のショッピングモールやサリサリストアでも買える

空港以外でも市内のショッピングモールやGlobeやSMARTの旗があるサリサリストアでSIMカードとプリペイドカードの購入、ロード(チャージ)が可能です。空港では無料のSIMカードとプリペイドカードがセットで買えて設定まで担当者がやってくれますが、市内で買う場合は自分で設定しないといけなかったりします。

20161211_021453415_ios

キャリアの各プラン

SIMカードの大手キャリアはグローブ(Globe)とスマート(Smart)です。各社のSIMカード40ペソ(約100円)をまず買って、次はプリペイドのプラン選択です。空港にあるようなインターネット使い放題のプランはフィリピンの一般的な人たちには高額なため、フィリピンでは1日単位や数MBだけの細かいプランが用意されています。

グローブ(GO SURF)
こちらのGO SURFは通常のプランで、設定(ロード)した容量だけ使えるプランです。有効期間中はロードした容量の範囲でサクサク使うことが可能です。ですが容量を使い切ってしまったら、またロードが必要になります。
料金         有効期間   容量
・GOSURF10(約25円)  1日   40MB
・GOSURF15(約40円)  2日   40MB
・GOSURF30(約75円)  2日   50MB
・GOSURF50(約125円) 3日   700MB
・GOSURF299(約750円) 30日  1.5GB
・GOSURF499(約1250円) 30日  3GB
・GOSURF999(約2500円) 30日  5GB

グローブ(SUPER SURF)
こちらのSUPER SURFのプランはインターネット無制限のプロモーションのプランです。有効期限が1.5.30日間から選べます。インターネットは選択した期間は無制限ですが、仮に一日で3GB使ってしまうと速度制限がかかってしまいます。なので無制限とありますが実質は3GB以内の範囲で有効期間中は気を使いながら、使用しないといけないということです。上記のプランとは、使い切りのプランか使い切りじゃないかの違いです。

料金           有効期間  容量
・SUPERSURF50(約125円) 1日 無制限
・SUPERSURF200(約450円)5日 無制限
・SUPERSURF999(約2500円) 30日 無制限

スマート(Giga Surf)
料金       有効期間    容量
・P5(約12円)    1日     5MB
・P10(約25円)   1日     30MB
・P15(約40円)   2日     30MB
・P20(約45円)   1日     100MB
・P50(約125円)   3日    300MB
・P100(約250円)  3日    700MB
・P300(約750円)  10日    2.1GB
・P500(約1250円) 15日    3.5GB
・P999(約2500円) 30日    5GB

グローブの設定(ロード)を自分でやる場合

自分は一度しか自分自身で設定をしたことがないですが、グローブの設定(ロード)の方法を紹介していきます。

1.プリペイドカードをショッピングモールなどで購入する。
2.裏面のスクラッチをコインで削り、番号を確認する。
左側が10桁のカード番号、右側が6桁のPIN番号となります。
3.番号を確認したらグローブ「223」に電話をかける。
4.カード番号とPIN番号を入力する。
電話がつながると英語で音声ガイダンスが出てきます。そしたらスクラッチの番号「10桁のカード番号」を入力します。次に「#」を入力し、またガイダンスが聞こえたら、次に「6桁のPIN」と「#」を入力します。
5.設定(ロード)完了のSMSが届く。
上記のステップでロードが成功した証拠として、グローブ番号8888からSMSが届きます。これでロード完了です。

設定(ロード)を店員がやってくれる場合

1.ショッピングモールやサリサリストアなどのSIMカードが売っているところへ行きます。
2.店員に自分が利用しているSIMカードのキャリアとSIMカードの番号を伝えます。
3.次に自分がいくらロードしたいのか金額を伝え、店員がお店の携帯で各キャリアへSMSを送ります。
4.ロードが完了するとキャリアからSMSが自分の携帯に送られてきて、その場で代金を支払ったらロード完了です。

設定を店員にやってもらうと、5ペソ(約15円)ほど追加料金がかかることがあります。
自分で設定するのに慣れていれば必要ないですが、自分は慣れていないので店員にいくら使用するか伝えて設定はいつもやってもらってます。

まとめ

SIMカードは一定期間利用がないとストップされて使えなくなります。長期間使っていなかった場合は買い直しが必要な時もあります。

おさらいとしてまずSIMフリー携帯を用意します。そして空港の各キャリアのカウンターで無料SIMカードをもらい、自分のプランに合わせて最適なプランを選びます。空港で購入するとすべて設定をやってくれるので、その場ですぐにデータ通信ができ、携帯が繋がるようになります。空港で購入したパケット容量がなくなったら、スーパーマーケットやサリサリストアでプリペイドカードを購入して自分で設定するかその場で店員にロードしてもらいます。またパケット容量が切れれば、ロードする。この繰り返しです。

またどのキャリアがいいか、どのプランがいいのかわからない場合は店員や現地のフィリピン人に聞くと教えてくれます。WI-FIが飛んでいる場所ではSIMカードは必要ありませんが、どこもかしこも飛んでいるわけではありません。そんな時SIMフリー携帯があるだけでネット環境が整います。

現地でSIMカードを使って、フィリピン留学を充実させましょう!

ストーリーシェアの簡単な無料見積もりはこちらから可能です。
あなたの目標、予算、期間に応じて最適な留学プランを提案させていただきます。どんなご相談でも、ご連絡くださいませ。
↓↓↓↓↓↓

        <a href="http://www.storyshare.jp/estimation_inquiry/" target="_blank" class="orange_btn">無料お見積り・お問い合わせ</a></p>

ストーリーシェアは口コミNo.1!

ストーリーシェア独自の「CLメソッド」で
本当に身になる語学留学を!
まずはお気軽にお問い合わせください。

オンライン授業はこちらから!

ストーリーシェアでは対面の授業に加えて
オンライン授業も提供しております。
ご自宅からお手軽に授業を受けられます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Koki Ito

大学を卒業後、世界一周の旅へ出る。東南アジア周遊中にコミュニケーションのツールとして英語の大切さに気付き、旅の途中でフィリピン留学に挑戦。ストーリーシェア・セブ校で二か月勉強し、帰国後、接客業で外国人のお客様の対応もできるようになる。現在はインターンスタッフとしてバギオ校に滞在。ここではフィリピン留学について有益な情報を発信していきます。